100円均一のミニバイクシートカバーが、40Lバックパックのレインカバーにぴったりだった件
パッキング

100円均一のミニバイクシートカバーが、40Lバックパックのレインカバーにぴったりだった件

もくじ

バックパック用のザックカバー、モンベルなどのブランド物になると数千円もする高級品です。

登山をするわけでもなし、移動時に雨よけが出来れば十分。そんなわけで、100均で探してみました。

100均のバイクシートカバー

色々と物色した結果、原付用のシートカバーを購入。これ、いいです!

さっそくカバーを試着

表記サイズは約60cm×20cm×35cm。Amazonなどで売られているザックカバーの、よくあるMサイズ(35L~55L向け)程度。

手持ちのバックパックは、フランスの激安アウトドアショップDECATHLON(デカトロン)で30ユーロ位で購入した、40Lのバックパックです。

100均のバイクシートカバーとバックパック

購入したのは「ミニバイクシートカバー」。その名の通り、原付用のシートカバー。

さっそく被せてみると・・・

100均のバイクシートカバーをバックパックに被せた

おお!ピッタリ!

バックパックのサイズは、約50cm×15cm×22cm。ちょうどいい具合に被さっています。

100均のバイクシートカバーを被せたバックパックの裏側

バックパックの詰め具合にもよりますが、40Lでパンパンにつめると、少し小さかったです。

薄くて軽い、ちょっと石油臭い

何せよ100円です。薄いですが、小さくたためるので結果オーライ。

開封直後は、石油っぽい臭いがします。使用前に1日程度空気にさらしておくと、多少和らぎます。

100均のバイクシートカバーのパッケージ裏側

あと、ゴムのコシは弱々しいです。100円なのでそんなもんでしょうか。ダメになったら買い換えればいいですけどね。

まとめ:登山じゃなく「ちょっと雨除け」ならアリ

100均カバーの良い点

  • 安いので、無くしてもダメージ最小
  • 軽くて薄いので荷物を圧迫しない
  • その辺で買える

100均カバーの良くない点

  • 強度や防水機能は心許ない(登山や土砂降りの中での使用には向かない)
  • ダサイ。私が行った100円ショップでは、このグレー色しかなかった。

ちょっとした旅行で、バックパックが雨に濡れるのをその時々に防げればいい」と、割り切って使える方向けです。

背中側はカバーされません(どのザックカバーも同じだけど)ので、大雨の場合などは、中身をビニール袋に入れるなどの対策は必要になります。

購入時は、カバーが「防水」仕様かどうか、サイズが手持ちのバックパックに合うか、必ずご確認を!

関連エントリーバックパッカーの味方、Decathlon(デカトロン) ヨーロッパの格安アウトドア・スポーツ用品店

パッキング節約ワザ旅グッズ
バックパック100円均一デカトロン