【ポーランド旅行記】ソポト観光!桟橋とヴィラをぶらぶらと

スポンサーリンク

ポーランド北部、自由都市「ダンツィッヒ」であった「グダニスク」まで行きました。

もちろん、電車1本で行ける近場の「ソポト」も観光です。

小さなリゾート地ですので、午前中だけの散策で十分回れた感あり。

ちなみに、この日はポーランドの祝日でしたが、有料の桟橋、近くのミルクバー(食堂)は開いていましたよ。

(価格は2018年5月末のものです)

グダニスクからソポトまで

グダニスクからソポトまでは、直通の各駅停車で行けます。

窓口で「ソポトまで1枚」とお願いして購入、片道3.80PLN(約114円)。

グダニスクからソポトまでの切符

朝7時半頃にGdańsk Wrzeszcz(グダニスク・ブジェシュチ)の駅にいましたが、30分に1本くらいの割合で電車が走っているようです。
グダニスク・ブジェシュチ駅

7:40の電車に乗って、7:54頃にソポトに到着。

ソポト駅

気軽に来られる距離でいいですね。

ソポト駅に日本料理屋?あり

ソポト駅は近代的な建物で、いくつかレストランも入居していました。

その中で、「箸」という文字が間違いなく日本人の目を引く、日本料理屋?を発見。

ソポト駅の日本料理店

メニューはなんだか微妙なようです(笑)。しかも高い。

ソポト駅の日本料理店のメニュー

中身がサラダっぽいロールが、1,500円程度から。下段の「OYAKOMAKI」(親子巻?)は、もはやなんだかわかりません(笑)。

ポーランド料理に飽きていたら、ネタにチャレンジしてもいいかもしれません・・・。

ソポトの町を散策

というわけで、ちょっと歩いてメインストリートへ。

まずはオシャレなマクドナルドに遭遇。

ソポトのメイン通り

その手前には、石造りの教会があります。レンガの縁取りが珍しいです。

ソポトの教会

ここから、メインのモンテ・カジノ通りに入ります。

トコトコと歩いて行くと、まず見えるこの建物。ソポト名物その1、「ゆがんだ家」Krzyewy Domek。

ソポト・ゆがんだ家

中はショッピングモールになっています(中は至って普通)。

この家の正面の小さな道には、ソポト名物その2、「綱渡りの像」があります。

ソポト・綱渡りの像

支えがないのに、どうやってバランスを取っているんでしょうか!?

ロンリープラネットによれば、これはポーランド人彫刻家のJerzy Kedzioraによる像で、こういう変わった作品を得意としているそうです。ここの像のモチーフはアフリカ人の漁師の青年。

こんなちょっとしたスポットを見ながら、メイン広場を通って桟橋へ!

ソポトのメインスポット:桟橋

駅から歩いて約15分。ソポトの桟橋は、「ただの桟橋なのに有料」なことで、有名です。

クレジットカードのVISAがスポンサーなのか、チケット売り場ではVISAマークが全面に押し出されています。

ソポト・桟橋のチケット売り場

有料とは言え、せっかくここまで来たので、私はお金を払って入りました。8PLN(約240円)。

ソポト・桟橋のチケット

桟橋自体は「普通の桟橋」ですが、有料なこともあり、大変きれいに保たれている印象。

ソポトの桟橋

日差しを遮るものがないので、夏場は朝か夕方がいいかもしれませんね。冬は寒そうです。

ソポトの桟橋

デッキのレストラン?などは早朝のためか閉まっていました。

私としては、朝の気持ちいい時間帯に、のんびり散歩が出来て良かったです。

ちなみに、桟橋の上にある建物のトイレは有料でした。3PLN(約90円)程度だったように記憶。

ソポトの桟橋のトイレ

入場料取ってるんだから、無料にして頂きたいです・・・。

バーで休憩

桟橋や小さな町だけで帰るのも寂しいので、ロンリープラネットに紹介されていたミルクバー(食堂)に行ってみることにしました。

桟橋近辺から歩いて10分。「Bursztyn」というバーに到着。

ソポト・Bursztyn

詳しいレポートはこちらのエントリーをご覧下さい。

朝食も食べられますが、私は朝食を食べてから来たので、ここではニンジンジュースを購入。

ソポト・Bursztynのニンジンジュース

ポーランドのニンジンジュースは超美味しい!搾りたてのフレッシュジュースです。

ビタミンCも豊富ですし、休憩がてらの栄養補給にばっちりです。

ヴィラがすごい

そのほか、桟橋周辺のホテル「Grand Hotel」を外から眺めてみたり。

ソポトのGrand Hhotel

先ほどの小食堂「Bursztyn」周辺をぶらぶらしてみました。

ソポトのヴィラ

やはりリゾート地というだけあり、高級そうなアールデコ風建物や、週単位などで借りられるアパートが多い印象。

ソポトのヴィラ

ソポト博物館

ヴィラエリアにはソポト博物館(Sopot Museum)もあります。ちょうどポーランドの祝日のために閉館中でした。

ソポト博物館

もともとはお金持ちの商人の家だったそうで、19世紀の美しい家具などが展示されているようです。

中には入れませんでしたが敷地は開放されていて、美しい建物は見ることが出来ました。

ソポト観光 感想まとめ

グダニスク観光の日程に余裕があれば、喧噪を離れて海に行くソポト観光もいいと思います。

ポーランドの素朴な感じの小さな村という感じではなく、ホテルやヴィラが立ち並ぶリゾート地という印象です。

ただ散策エリアはすべて徒歩圏内なので、桟橋を見て町をぶらぶらする程度なら、半日あれば私は十分でしたよ!