【ポーランド旅行記】クラクフで美味しかったレストラン&カフェ4選!価格もお手頃でオススメ

スポンサーリンク

クラクフに何日か滞在して、いくつかのレストランやカフェにチャレンジしてみました。

美味しかった、そうでもなかった、等々、レビューしてみますので、クラクフ観光のご参考になればと思います。

どのお店も英語が十分に通じました。

地元民の超オススメ!Smakolyki

宿泊したバブルホステルの美人スタッフ、セーニャちゃんが超イチオシしてくれたレストランです。

クラクフSmakolykiの外観

お店に入ろうとしていたら、ちょうど食事を終えて出てきた地元の方が「ここは超美味しいよ!」と更なるダメ押しをしてくれ、期待が高まりました。

クラクフSmakolykiのエントランス

ポーランドに着いて最初のレストランだったので、ポーランドらしく、ピエロギ(パスタの一種)とジュレック(スープ)をオーダー。

先にジュレック(スープ)が来ました。ピエロギ食べるなら、パンなしで良かった・・・。

クラクフSmakolykiのジュレック(スープ)

ピエロギは、ほうれん草のタイプをチョイス。ヤギチーズ?つきです。

クラクフSmakolykiのピエロギ

女子一人では、ちょっと多かったですね。でもヘルシーな感じで美味しかったです!

これにグラスワインを一つ頼んで、1,000円以下です。安いー!

店内も、モダンカジュアルな感じでオシャレです。

クラクフSmakolykiの店内

オススメしてくれたスタッフさん(セーニャちゃん)によれば、クレープ系や魚も美味しいそうです。彼女は週1でダンナさんと通ってるとか。

リンク Smakolyki(クラクフ)の口コミ|トリップアドバイザー

気軽に入れる旧市街の大衆食堂 U Babci Maliny

安く済ませたいなーと、Lonely Planet Polandを参考に行った食堂です。

ポーランドではこういった大衆食堂は「ミルクバー」と呼ばれているそう。何故「ミルク」なのか謎ですが・・・。

クラクフの旧市街には他にもミルクバーはありますが、夜8時までと閉店が早かったりします。こちらは夜9時まで(トリップアドバイザー情報)なので、少しゆっくりできますね。

旧市街の入り口から徒歩数分以内にあり、図書館のようなところを通り抜けてお店に入ります。

クラクフU Babci Malinyの入り口

カウンターで注文して支払い、番号が呼ばれたら取りに行く形式です。めちゃめちゃ混んでました。

クラクフU Babci Malinyの注文カウンター

この食堂には、宿で出会った女の子と一緒に行きました。彼女はクロケット(コロッケ)とビーツのスープをオーダー。写真を撮らせてもらいました。

クラクフU Babci Malinyのコロッケ

クラクフU Babci Malinyのスープ

私は魚(ニシン?)を揚げ焼きしたものをオーダーしました。250gだそうです。結構デカイ。

クラクフU Babci Malinyの魚

魚の下には、ものすんごい量のマッシュポテトが・・・もちろん食べきれませんでした・・・。

白ワインを一緒に頼んで、1,200円弱。魚はちょっと高いですね。

クロケットとスープ、ビールを頼んでいた彼女は、600円位と超リーズナブルでした。

クラクフU Babci Malinyの店内

気軽な感じで行けるし、ログハウス風の店内もかわいくて、リピートありです。

リンク U Babci Maliny(クラクフ)の口コミ|トリップアドバイザー

カジミエシュ地区のユダヤ系カフェ Cheder

クラクフのカジミエシュ地区は、他の都市とは別に発展した、ユダヤ人のコミュニティです。

12世紀のポーランド王、カジミェシュ3世が、美しいユダヤ人の愛人がいたことから、ユダヤ人の保護を強く押し進めたのだそう。(←ワルシャワの、ポーランドのユダヤ人博物館で学んだ)

そのため、クラクフとはまた違った、ユダヤ文化を感じられるエリアになっています。

そんなユダヤ人地区にある、ユダヤ系の食事が楽しめるカフェがこちら、Cheder。

クラクフChederの外観

ここもLonely Planetを参考に行ってみました。パレスチナも行ったことあるし、あっち方面のフムスが好きなんですよねー。

こちらも、セミセルフサービス方式で、最初にレジで注文&支払いをします。その後、店員さんが運んできてくれました。

クラクフChederのレジカウンター

この日は、店員さんオススメの、フムスとピタパンのセット16PLN(約480円)と、ヤッフォ・アイスティー9PLN(約270円)をオーダー。

クラクフChederのフムス

ピタパンはふっかふかで、フムスももちろん美味しかったです!

アイスティーは、中東っぽくミントが添えられていて、暑い日にぴったりでした。

クラクフChederのアイスティー

雰囲気もすごく良くて、落ち着いていて静か。ノートパソコンを持ち込んでゆっくりメールチェックなんかも出来ました。

クラクフChederの店内

またクラクフ行くことがあったら、もう一回行きたいくらいです。チェーン店のCosta Cafeなんかより、絶対いい!

店員さんも美人だったしw

リンク Cheder(クラクフ)の口コミ|トリップアドバイザー

激ウマサンドイッチ!Bistro Charlotte

夕飯を軽く済ませたいなぁと、カフェでサンドイッチをテイクアウトしました。

クラクフCharlotteの外観

平日夜で、この混みよう!

旧市街の北側にあり、宿泊したバブルホステルから徒歩3分程度です。

レジでオーダーして、10分ほど待ちました。

クラクフCharlotteの店内

食事もありますが、カフェメニューもあります。美味しそう・・・。

クラクフCharlotteのケーキやクロワッサン

私は、パストラミビーフのサンドイッチを選択。他にも、スモークサーモンなど美味しそうなサンドイッチが見本で置いてありましたよ。

クラクフCharlotteのサンドイッチ

注文してから作ってくれるので、超フレッシュ。パンはサクふわ。

クラクフCharlotteのサンドイッチ

マヨネーズ風味のドレッシングソースがめちゃ美味しくて、あっという間に食べてしまいました・・・。

サンドイッチは10PLN(約300円)でした。このクオリティだと、日本では倍しますね、間違いなく。

リンク Bistro Charlotte(クラクフ)の口コミ|トリップアドバイザー

クラクフのレストラン 感想まとめ

観光地だけあり、レストランのレベルは高いですね~。ハズレがなかったです。

ポーランド料理ばかりだとやはり飽きがきますが、ところどころに美味しいカフェが点在しているので、軽食を楽しむのもかなり「アリ」です。

観光地にしては、価格もリーズナブルなので、節約旅でも是非チャレンジしてみて下さい。

関連リンク

クラクフのグルメ・レストラン|トリップアドバイザー