【石垣島発】レンタカーで石垣島を一周!おすすめスポットや口コミグルメを周ってみた

初の八重山旅行。

前回、宮古島ではレンタル原付で移動しましたが、日焼けがひどかったのと、アクセル引きっぱなしにものすごく疲れた経験から、今回はレンタカーで観光することにしました。

石垣島も沖縄本島並みにレンタカーが安く、当日返しで3,000円程度でした。新石垣空港にはレンタカー1,000円という表示も見かけました。

スタートは石垣島の中心地、離島ターミナルです。

バンナ岳で蝉の声を聞きながら石垣島を一望!

まずは、離島ターミナルから車で10分程度の場所にある、バンナ岳へ。

展望台まで車道があり、汗水垂らして登る必要もありませんw

ishigaki-banna-park-02

展望台があり、港方面~南の海を一望出来ます。あまり有名な場所でないのか、人影が少ない穴場スポット。

港や西側の海岸が一望出来ます。

石垣島 バンナ岳

10月中旬でしたが、まだまだ蝉の声は大きく、「夏だなぁ」という感じがしました。

川平湾のグラスボートは午前中&引き潮時がベスト!

その後、川平湾のグラスボートへ直行!

川平湾のグラスボートは数社が運営していますが、私はHISのクーポンがゲット出来た、「まりんはうす ぐるくん」さんを利用。1,030円が830円です。

石垣島 川平湾

離島ターミナルのすぐそばのバスターミナルでも、割引券が販売されてます。2016年10月時点では1,030円が850円でした。

石垣島 川平湾グラスボート

曜日によっては午後は激混みに!

この日はタイミングよく、かなり空いてました。

船頭さんの話では、曜日によっては台湾などからの船が石垣に着くので、午後からはものすごく混むことがあるそう。

石垣島 川平湾グラスボート

私はたまたま午前中に行きましたが、私の他には一組の日本人観光客のみで、説明などもがっちり近くで聞けて大満足。

干潮時刻もチェック

これも船頭さんに聞いた話ですが、時間が合えば「引き潮(干潮)」時のほうが、水位が低いので、より近くでサンゴや魚を見られるとのこと。

石垣島 川平湾グラスボート

余裕があれば、出来れば満潮時でなく干潮時にグラスボートを狙っていくのがオススメです。

米原のヤエヤマヤシの群落でジャングル気分

川平湾を後にして、次は石垣島北部のヤエヤマヤシの群生地へ。

石垣島 前原ヤエヤマヤシ

数分程度で最深部まで行ける遊歩道があり、むわっとしたジャングルを味わえます。

石垣島 前原ヤエヤマヤシ

石垣島 前原ヤエヤマヤシ

ヤエヤマヤシ群落入口の「ぱぱ屋」のジュースは絶対飲むべし

「カフェ」とは程遠い、ちょっとした小屋のようなところで、しぼりたてジュースが売られています。超オススメです。

石垣島 前原ヤエヤマヤシのジュース屋さん

パイナップルやマンゴーと、サトウキビの搾り汁を合わせたフルーツジュースなのですが・・・

石垣島 前原ヤエヤマヤシのジュース屋さんのサトウキビジュース

まじでうまい!!これはここでしか飲めない味でしょう!

小サイズ300円、大サイズ400円。おじいの調子によっては三線の生演奏も聞け、しばしドライブの休息にもなります。

昼はそばが有名な「明石食堂」へ

実は私は全く知らなかったのですが、同じ宿の人に「ここのそばは美味しいと有名らしい」と聞いて、北部までやってきました。

午後1時の到着でしたが、まだまだ長蛇の列が!

石垣島 明石食堂の行列

でも私は一人だったため、グループで待っている人たちをよそに先に名前を呼ばれてラッキー。待ち時間は10分程度でした。

定番の八重山そば(中)を注文。500円。

石垣島 明石食堂のそば

魚介濃い目のこくあり、でもややあっさりした感じもあるスープ。ラフテーは濃い目&甘めの味付け。味は言うまでもなく美味しかった!

カツ丼やトンカツ定食などもあるようです。

石垣島 明石食堂のメニュー

昼食後、玉取崎展望台へ

食後は、こちらも石垣島の鉄板スポットの玉取崎展望台へ。明石食堂から20分程度。

石垣島 玉取崎展望台

綺麗に整備された展望台があり、北の半島から東側の太平洋が一望出来ます。

海がめちゃ綺麗!

石垣島 玉取崎展望台からの景色

風がかなり強かったですね。帽子など飛ばされないように注意です。

戻りがてら、吹通橋でひと休み

さすがに、知らぬ土地で一人でずっと運転は疲れます。というわけで、無理せず戻ることにしました。

途中、マングローブの群落が見られる吹通橋(ふきどうばし)というスポットへ立ち寄り。

石垣島 吹通川

干潟とマングローブと海が一度に見られる、ちょっとした穴場です。人は殆どなし。

疲れた時のパーキングスポットとしてもいいのでは?

「Cafeデコ」のトロピカルビネガージュース

夕方にもなりもう運転クタクタ・・・ だったので、途中目に入ったカフェでゆっくりすることに。たまたま入ったのが「Cafeデコ」さんでした。

石垣島 cafeデコ

トロピカルビネガージュース400円を注文。コースターが可愛い。

石垣島 cafeデコのトロピカルビネガージュース

酸っぱさはあまりなく、甘めの飲みやすい味です。子どもでも飲めそうでした。

手作りシーサー体験もやっているそうで、シーサーもいっぱいありました。

石垣島 cafeデコの店内

夕方に返車して、夜は「琉球の爺(おやじ)」へ。

もうくたくただったので、夜7時までのレンタカーを、夕方5時には返車に行きました。

一旦、宿のゲストハウスえみっくすに戻り、一息ついてから居酒屋「琉球の爺(おやじ)」へ。

石垣島 琉球の爺

お酒を飲まなくても食事させてくれた

私は殆どお酒は飲まないので、お店に入る時に「お酒なしの食事でもいいですか?」とお伺い。「大丈夫ですよ!」とのご返答を頂き入店しました。

ここでは沖縄好き友人おすすめの「石垣の塩で食べる塩寿司」です。ishigaki-ryukyu-oyaji-01

7カン1,300円(税別)ですが、同じ値段で8カンにしてくれました。サイズが小さくなるのかな?

石垣島 琉球の爺の塩寿司

塩はなんと1キロ1万円。石垣島の西部の製塩工場で作ってるものだそうです。

私は小食なので足りましたが、普通の方や男性は足りないと思います。

石垣島一人レンタカー旅・まとめ

天気が良かったのは幸運でした。6~7時間のレンタカーで、全てのスポットではないですが結構満足できる位に周れました。

他にも夕日スポットで有名な御神崎(うがんざき)などにも行きたかったですが、一人で運転し続けるにはちょっと疲れすぎましたね・・・。

バスターミナルからは周遊バスもあるみたいなので、正直なところバスでも良かったかなとも思いますw

レンタカーされる場合には、体力などに十分気を付けて運転して下さいね!