初めてのホステルやゲストハウス宿泊、これを持って行けばOK!優先度順リスト
パッキング

初めてのホステルやゲストハウス宿泊、これを持って行けばOK!優先度順リスト

もくじ

ドミトリーで寝るホステル・ゲストハウスはホテルと違い、基本的にアメニティの提供はありません。

タオルや石鹸を持参するのはもちろんですが、その他にもあったら便利なグッズを全リスト化!

ただし、未開の地でもない限り、大抵の物は現地で手に入ります。忘れてしまってもそれもハプニング、現地で買えばいいや、という気楽な気持ちで行けばOKです。

そうは言っても日本ではないところで、日本と同じものを求めても仕方ありません。郷に入りては郷に従え、の精神で行きましょう!

ホステル・ゲストハウスへ持参するものリスト

必要レベル3 ⭐⭐⭐(ないと困る)

  • タオル類(バスタオル・フェイスタオル各1枚): 貸し出しがない宿も多数
  • シャンプー・リンス・石けん: 試供品を活用すると良い
  • 洗面用品: 吊して使える洗面用具ケースにまとめよう
  • パジャマ・寝間着: 最後には捨てて帰れる古いTシャツ等も活躍

必要レベル2 ⭐⭐(あったら快適)

  • 耳栓: 快眠には必須。現地で調達しても良し
  • アイマスク: 夜間に部屋の照明をつけられても問題なし
  • サンダル: ホステル内のリラックス用、シャワー時にも役立つ
  • 洗剤: ジップロックなどに小分けすると◎
  • 南京錠: ロッカーがあるところで大活躍
  • サコッシュ: 貴重品をホステル内で身につけるため

必要レベル1 ⭐(あってもなくても)

  • ミニ物干し: 下着や靴下を洗って、寝ている間に乾燥させれば時短に
  • ワイヤーロック: 大きな荷物をアースロックして防犯対策
  • 洗濯ネット: 欧米の洗濯機は日本のものより豪快で服を傷める場合ありw

必要レベル0 (要らない)

  • 調味料・油など: よほどでなければ共同キッチンにある
  • 食器類: こちらも共同キッチンにある

まとめ

あまり色々と持って行くと荷物になりますので、できるだけ荷物を少なく工夫するのが重要。

宿により、タオルの貸し出しがあったりシャンプー・リンス、洗濯用洗剤が備え付けられているところもあります。宿が決まっていて設備もはっきりしているなら、荷物を調整しやすいですね。

ポルトガルのホステル

シャンプーなど液体類は、機内持ち込みの制限があります。1ヵ月以上の長旅の場合などは、消耗品は現地で調達するなどするのも一つです。

関連エントリー

パッキング旅グッズ
宿泊レポ洗濯