【ポーランド旅行記】ヴロツワフ市内から空港へ、バスで早朝移動したよ

スポンサーリンク

ポーランドの南部の都市、ヴロツワフ(Wrocław)の空港からは、ライアンエアー(Ryanair)などのLCCが飛んでおり、ポーランド国内やロンドンへの移動に使う方も多いと思います。

今回、私は南部ヴロツワフから北部グダニスク(Gdańsk)へ、ライアンエアー(Ryanair)の早朝便を使って移動しました。

市内からは夜間バスが出ており、朝3時台でも空港への移動は楽です。

というわけで、今回私が利用した空港バスについて書いてみようと思います。

チケットを事前購入

ヴロツワフのバス・トラム共通チケットには、夜間バス用のものがあります。

夜間便に乗る場合は、通常の乗車券ではなく、ちょっとだけ(6円くらい)高い乗車券を買います。

前日に乗り場の券売機で買っておこうとしたところ、なんと券売機が動いてない!

というわけで、旧市街のトラム乗り場の券売機でチケットを買いました。

ヴロツワフ市交通の券売機

最初の画面で「Purchase Other Paper Tickets」を選んで・・・

ヴロツワフの券売機の最初の画面

「Single-use tickets」→「Fast or night lines」を選択。

ヴロツワフの券売機で夜間バスのチケットを選択した画面

3.60PLNのチケットを買っておきましょう(価格は2018年夏時点)

ヴロツワフの券売機の夜間バスチケットの画面

バスの中にも券売機があるにはありますが、コンタクトレス(かざして支払い)のカード(※)でないと使えない券売機の場合もあるので、事前に買っておく方が安心です。

ヴロツワフのバスの中の券売機

※Visa payWaveやMastercard®コンタクトレス等

乗るバスは「206 Port Lotniczy」

昼の便は「106 Port Lotniczy」なので、200番台は夜の便という扱いみたいですね。

時刻は早朝3:56。4:08のバスを待ちます。

ヴロツワフのバス時刻表示

私は「Renoma」バス停から乗りましたが、バス自体はバスターミナルや鉄道駅が始発になっているようです。

詳しくは以下↓

リンク Autobus nr 206 we Wrocławiu

時間通りにバスが来ました。

ヴロツワフの空港行き夜間バス206番

早朝ということもあり、バスは空いていました。

ヴロツワフの空港行き夜間バス206番の中

空港に到着したのは、4:33。おおよそで25分です。ヴロツワフの空港に着いた夜間バス206番

昼便の106番は、交通量が多くなるのでもう少し時間がかかると思います。

ヴロツワフ空港、早朝移動のまとめ

これでヴロツワフ発の早朝のLCC便も安心、便利な夜間バスがありました。

ヴロツワフの夜間バス用のチケット

旧市街の南側を回って空港へ行くので、早朝にこのバスを利用される方は、宿とバス停の場所を確認しておいたほうがいいですね。

関連リンク