easyJet(イージージェット)のフライト変更の方法

スポンサーリンク

久々に欧州でeasyJet(イージージェット)に乗って移動することになりましたが、予約後に変更の必要が出てきてしまいました。

easyJetでは、購入後24時間以内のキャンセルは出来ます。

If you cancel within 24 hours of making a booking you get a full refund, minus a cancellation fee. This can be done online via Manage Bookings.

If it’s over 24 hours since you made the booking your ticket will become non-refundable.

Managing your booking | easyJet

購入後24時間以上経ってしまうと、キャンセルは出来ません。

が、変更は可能です。

今回は、

  • トゥールーズ(TLS)からジュネーヴ(GVA)
  • ジュネーヴから(GVA)からクラカウ(KRK)

を、以下のように変更します。

  • トゥルーズ(TLS)からロンドン(LON)
  • ロンドン(LON)からクラカウ(KRK)

つまり、ジュネーヴをロンドンに変更、です。

Manage Bookingから変更

ログイン後、トップページの画面上にある、「Manage Bookings」をクリックして、現在の予約の確認ページに行きます。

変更したいフライト表示の下にある、「Change flight」をクリック。

easyJet Manage Booking の画面

次の画面で、変更したいフライトにチェックを入れ、変更したい日時・ルートを入力します。

easyJet 搭乗便の変更(予約便の選択)

すると、選べるフライトと差額が出ます。

easyJet 搭乗便の変更(変更便の選択)

差額とは別に、変更1区間につき以下の変更手数料がかかります。

  • フライトの61日以上前→21ユーロ
  • フライトの60日以下→43ユーロ

変更したいフライトを選んで次に進むと、以下の画面に。

easyJet 搭乗便の変更(変更の確認)

私はもう1便も変更したかったので、「Change another flight」を選んで、続けて最初の便と同様に選びました。

OKの場合は「Confirm and pay changes」で次に進みます。

差額と変更手数料の支払い

すぐに支払い画面になります。

easyJet 搭乗便の変更(手数料の支払い)

今回、私は計2便を変更し、手数料と差額で49.55ユーロを支払いました。

easyJet 搭乗便の変更(手数料の内訳)

完了すると以下の画面になります。

easyJet 搭乗便の変更(予約完了画面)

メールも到着しているか確認しておきましょう。

買いなおしたほうが安い場合もある

今回、私は手数料を払って変更しましたが、他の便(easyJetに限らず)を改めて買った方が安い場合も大いにあります。

特に、イギリス発着はRyanair(ライアンエアー)による激安フライトも多いので、念のためチェックしたほうがいいかも・・・。

2便まとめて変更のほうが安かった

1便ずつ別々に、ルートを入れ替えて手数料のシミュレーションもしてみましたが、まとめて変更したほうが今回は安かったです。

恐らくですが、差額がマイナスだった(新しく予約する便のほうが安い)場合、差額がプラスになる便と相殺してくれたのではと思います。

ルートと日付によっても差額が異なってくるので、あまり金額差がないように変更便を選ぶのもポイントですね。