現地ツアーってどんなの?

スポンサーリンク

現地のツアーに参加しよう現地ツアーとは、現地の旅行会社が企画している、日帰りや宿泊のツアーです。

滞在時間が限られている時、ちょっと遠くて移動が不便な世界遺産などへ行く時など、ガイドもついて移動も楽なので、利用価値が高いです。

ここでは、基本的に現地の観光会社に申し込む場合を解説します。

ツアー利用のポイント

group at the guided tour

photo by mararie

ツアーを利用するのは、次のような場合に便利です。

  • 日程が限られている。
  • 交通の便が悪い。
  • 自然保護地区などで、ツアーでしか入れないか、入場者数が制限されている。

※時間がある場合は、ツアーではなく自分で行くほうが、安上がりになります。

現地ツアーの基本

言語は?

一人旅で現地ツアー

ガイドの言語は基本的に、英語とその地域の言語の二本立ての場合が多いです。

日本の旅行会社(HISなど)の現地支店が企画運営しているものもあり、その場合は基本的に日本語でのガイドになります。

申し込みの際に確認しましょう。

申し込み方法は?

Slow Travel Agency, Sustrans

photo Platform London

基本的に現地申し込みです。大型観光地でツアー会社がサイトを持っている場合、渡航前に申し込みが出来る場合もあります。

バカンスシーズンの渡航で日程も厳しい場合は、出発前に問い合わせてみたほうがいいかもしれません。

しかし、サイトを持っていないツアー会社も多々あるのも事実で、現地で何件かを比較して申し込むのも一手です。

エコツアーに参加しよう!

Whales Are Big

photo by Jessie Hodge

私のオススメは、現地で行くエコツアー

氷河や一部の自然保護地区などは、一人で行くには難しい場所が多いため、ツアー参加が一番です。そこでしか見られない自然を体験し、経験豊富なガイドの説明を聞きながら、その自然ができた工程や、どのように守っているのかを学ぶ事ができます。

中には、海にボートで出てクジラやイルカが近くまで来たり、ペンギンが巣に帰るところを見守ったりするツアーもあり、日本の日常ではあまりない貴重な体験が出来ます。

ツアーを通じて、その自然がどれだけの時間をかけてそこに出来上がってきたのか、それを守る事がどれだけ重要か、心から考えさせられることが多いです。

郊外への遺跡ガイドツアーは滞在時間に注意

時間や交通手段があれば、遺跡などではイヤホンガイドの貸し出しもありますので、自分で手配するほうがずっと安上がりですし、ゆっくりできます。

案外、遠出ツアーでの遺跡滞在は短いもので、せわしないのです。

私の体験談

私は日本でも有名なH社の「パリ発モン・サン・ミッシェル日帰りツアー」に参加し、郊外型ツアーは一回で懲りました。

と言うのも、肝心のモン・サン・ミッシェルでの滞在(自由時間)は、各自での昼食を含めてたったの2時間しかなく、その教会を見る時間が全く十分でなかったからです。

昼食も当然昼時で込んでいるので、そう30分位で終わるはずもなく、しかも教会のエントランスも行列。ちなみに、このツアーでは教会内のガイドはついているものではありませんでした(それは了承してはいましたが)。

時間に余裕が全くない方は、選択肢の一つとしてこのようなツアーに申し込んでもいいと思うのですが、安易な気持ちで申し込むと、がっかりすることも無きにしも非ずなので、十分検討して下さいね。