【長崎旅行記】長崎さるくマップで街中観光!「03 まちなか」編

スポンサーリンク

長崎の観光案内所で無料で配布されている、さるくマップシリーズ。

長崎・観光案内所

前回は「01 居留地」を散歩して、非常に珍しい公共エレベーターに乗ったりしました。

今回は「03 まちなか」編です。

観光通り近くの浜の町アーケード近く、眼鏡橋近辺を歩きます。

1 眼鏡橋から中通りへ コース

長崎には修学旅行で来たことはあったのですが、有名な眼鏡橋はその時は見ていませんでした。

というわけで、「まちなか」さるく、「1 眼鏡橋から中通りへ」をスタートです。

アーケードの商店街を抜けた、鐵(くろがね)橋から出発。

長崎・鐵橋

日本最初の鉄製の橋だそうです。さすが鉄鋼の町、長崎。

時々横に通り過ぎる路面電車を眺めながら川沿いを歩きます。

賑橋の近くで、オシャレなレンガ造りの駐車場を発見。駐車場の花壇に水を上げているおじさんに聞いたら、昭和の時代に作られたみたいです。

長崎・レンガ造りの駐車場

そうこうしているうちに、眼鏡橋が見えてきました。

長崎・眼鏡橋

ここでアイスクリームの露店販売に遭遇!

長崎・眼鏡橋のチリンチリンアイス

150円というお安さ、買わないわけにはいきません。

こちらは「チリンチリンアイス」と言ってガイドブックなどでも紹介されている有名な屋台だそう。

バラの花のようにデコレーションしてくれましたよ。

長崎・眼鏡橋のチリンチリンアイス

素朴な昭和な味でした。

お店の人とちょっと話したら、多い日は1日1500個くらい出るそうです!

確かに、修学旅行の学生さんたちがこぞって買っていました。少ない日は30個という時もあるそうですが・・・

この近辺は平坦なので、歩くのも楽ちん。

江崎べっ甲店。ロシア皇帝とも取引されていたという超高級老舗です!ロシア語表記の看板がオシャレです。

長崎・江崎べっ甲店

お金持ちの皆さんが、観光バスでがんがん乗りつけていました。

中通りの商店街にある、岩永梅壽軒。お休みでした。

長崎・岩永梅壽軒

他にも、古い町家がたくさん残されています。

長崎・まちなかの町家

ゴールはトルコライスで有名な「きっちんせいじ」。

長崎・きっちんせいじ

ちょうどお昼の時間だったので悩みましたが、小食の私は食べきれる自信がなかったので、眼鏡橋近くの「花ござ」に入りました。

長崎・めがね橋茶屋 花ござ

花ござ弁当を注文。島原の郷土料理「具雑煮」付きです。

長崎・めがね橋茶屋 花ござの具雑煮

手作りの優しいお味。長崎は麺類やトルコライスなどのがっつり系が多いので、こういうお料理はほっとします。

盛り合わせのお弁当も美味しかったです。量的にも女子向けですね。

長崎・めがね橋茶屋 花ござ弁当

食事の後はアーケードをぶらぶらします!

2 浜の町アーケードと路地散歩 コース

まずは、よろずや通りの眼鏡屋、コクラヤさんの看板を見学。長崎の街中って、京都みたいに通りに名前があるんですねぇ~。

長崎・コクラヤ

眼鏡屋さんだけに、眼鏡橋がモチーフになっていて、レトロ感もあってオシャレです。

その後はアーケードに入って、謎の六芒星のマンホールを見たり、

長崎・アルコア中通りの六芒星マンホール

福山雅治さん行きつけの思案橋ラーメンを見たり(ここもお休みだった・・・)、

長崎・思案橋ラーメン

ぶらぶらと長崎の大衆文化を見て楽しみました。

商店街は、マクドナルドやドラッグストアが入っていたりと、普通の商店街ですが、布袋様や唐子地蔵があったり、昔から人々が集まるところだったんだなーと感じるものもありましたよ。もちろんさるくマップで紹介されています。

この後は思案橋の電停の通りを向こう側に渡って、丸山花街と中華街のさるくです。

<次回(中華街・丸山花街)につづく>