【2017年11月版】国際キャッシュカード・デビットカード 比較

スポンサーリンク

国際キャッシュカード・デビットカードとは、海外のATMで、自分の日本の口座から直接現金を引き出せるという便利なツールです(利用機関により、要手数料)。

当ページでは、国際キャッシュカードやデビットカードの比較表を作ってみました。

国際キャッシュカード・デビットカード 比較表

2017年11月現在、内容は変更される場合があります。価格表示は2017年11月1日時点での各サイト公表値です。

機関名/ブランド レート(税込) ATM手数料(税込) 年会費(税込) 提携サービス
三菱東京UFJ銀行 
新規入会で最大1,500円プレゼント中!
VISA円換算レート+3% VISAデビット
※利用金額の0.2~0.6%を自動キャッシュバック
108円初年度無料・2年目以降1,080円※条件により無料ショッピング保険・不正利用補償
ジャパンネット銀行 VISA円換算レート+3.02% VISAデビット
※500円につき1JNBスター(1円相当)獲得
無料無料Tポイント・自社キャッシュバックモール
住信SBIネット銀行 
新規口座開設で最大2000円相当ポイントプレゼント中!
VISA円換算レート+2.5%(非課税) VISAデビット無料無料SBIポイント
セブン銀行 JCB円換算レート+3% JCBデビット108円無料nanacoポイント
新生銀行 VISA為替レート+4%無料無料Tポイント
楽天銀行  VISA/JCB円換算レート+3.024%無料
  • 1,029円 VISAデビット
  • 無料 JCBデビット
楽天ポイント
スルガ銀行 VISAレート+3%を円換算 VISAデビット
※前年の利用額に応じてマイルをプレゼント(Financial Pass Visaデビットカード)
216円無料ANAマイレージ・旅行傷害保険自動付帯
スルガ銀行ANA支店の場合
イオンカード 
※イオンデビットカード・イオン銀行キャッシュ+デビットのみ
VISA/JCB為替レート+1.60% VISA/JCBデビット216円無料ときめきポイント・イオンお客さま感謝デー・買い物補償等
りそな銀行 
2017/12/31まで新規申込でポイントプレゼント!
VISA円為替レート+2.5% VISAデビットATM設置機関所定の自動機手数料
  • オリジナル:無料
  • JMB:1,080円※初年度無料・年1回の利用で無料
海外ショッピング保険・不正利用補償・JALマイレージ※JMBデビットカードの場合
みずほ銀行 JCB円換算レート+3.4% JCBデビット
※利用金額の0.2%を自動キャッシュバック
明記なし初年度無料・2年目以降1,080円 ※23歳以下/年1回以上の利用で無料旅行傷害保険(利用付帯)・みずほマイレージクラブ
三井住友銀行 VISA円換算レート+3% VISAデビット
※利用金額の0.25%を自動キャッシュバック
108円無料非接触IC決済機能(2017/7/10~)
ソニー銀行 
※外貨預金口座を未開設の場合の例
VISA円換算レート+1.76% VISAデビット216円無料ソニーストア割引等
SMBC信託銀行 SMBC信託銀行米ドルレートまたは提携機関米換算レート+3%216円無料なし

機関名/ブランド レート(税込) ATM手数料(税込) 年会費(税込) 提携サービス
マネパカード パートナーズFXレート
※レートを見て好きなタイミングで両替を行う
2USD ※通貨により異なる無料5通貨のチャージが可能
海外プリペイドカード GAICA 
2017/12/31まで3,000円ボーナスチャージキャンペーン!
2018/1/31まで米ドルチャージ手数料半額!
外貨チャージ金額+3.5%
またはVISA為替レート+4%
※Flex機能付きの場合
無料無料新生銀行口座から直接チャージ可能
NEOMONEY VISA為替レート+4%200円無料銀聯ブランドも選択可
キャッシュパスポート MasterCard®の当日標準決済レート または 政府指定のレート+4%200円 ※通貨により異なる無料
※入金手数料1%
Tポイント
※Tポイント付きカードの場合
JTB MoneyT VISA為替レート+5%(海外不課税)200円(海外不課税)無料JTB日本語サポート

  • ロゴマークはVISA/MasterCard/JCBブランド各社の登録商標です。
  • ATMオーナーによって別途引出手数料がかかる場合があります。
  • マネパカード海外プリペイドカード GAICAキャッシュパスポートJTB MoneyTNEO MONEYは「海外専用プリペイドカード」です。銀行口座という扱いではございませんので、別枠にて紹介させて頂きました。
  • 一応調べましたが、それぞれの国際キャッシュカード最新情報は各社HPにて確認して下さいね。

国際キャッシュカード・デビットカードの特徴

色々と手数料がかかったりしますが、国際キャッシュカードは現金・クレジットカードなどと組み合わせて、それぞれのデメリットを補いながら使うことが肝心です。

ジャパンネット銀行のファミマデビットカード

国際キャッシュカード・デビットカードのメリット

  • ATMから現地通貨が手に入る
  • 自分の口座から引落しできる
  • 主要通貨でない通貨でも現地ATMからすぐに引き出せる

国際キャッシュカード・デビットカードのデメリット

  • 手数料やレート加算代がかさむ
  • クレジットカードのように口座に入っている以上のお金は使えない

日本円から両替出来ない時にATMで引き出したり、クレジットカードが使えないような所で現金が必要になった時などに、国際キャッシュカードの強さが発揮されます。

お金の持ち運びのリスク分散に

一つ国際キャッシュカードを持っているだけでも、リスクが分散され安心感が出るものです。

国際キャッシュカード・デビットカードはクレジットカードと同様、紛失の際は利用を停止することも出来るので、安全面でも安心です。

三菱東京UFJ-VISAデビット
三菱東京UFJ-VISAデビット

各サービスの画面など

ジャパンネット銀行の利用明細画面

私は楽天銀行・ジャパンネット銀行・住信SBIネット銀行の口座を持っています。

画面の使いやすさはジャパンネット銀行が好みです。

itnl-card-jnb

ジャパンネット銀行のVISAデビット利用履歴(縦に長いので下のほうはカットしてます)

「内訳」で適用レートも表示されるので、海外旅行保険の保険金請求時に「両替レートの証明」としても使えました。

普段使っている銀行で取り扱いがある場合

自分が普段利用している銀行がVISAデビットや国際キャッシュカードを取り扱っていれば、新たに口座開設をする手間もなく、大きな選択肢になると思います。

とは言え、キャッシュカードの切り替え・発送には最低でも1週間~10日程度かかります。時間に余裕を持って申し込みましょう。

旅行前に、設定を忘れずに

私は楽天銀行のデビットカードを持っていますが、海外で利用する際、デビットを海外で使えるようにするオンライン設定を忘れており、いざと言う時に使えなかった経験があります。

楽天銀行の場合は利用可能設定が必要

セキュリティ設定から、デビットカードの海外利用が「利用可能」になっているか、確認するようにしましょう。

itnl-cards-rakuten

ジャパンネット銀行は初期設定では30万円

ジャパンネット銀行では、出金限度額の初期設定は30万円です(個人の場合)。最初に特に設定しなくても、30万円までなら引き出せます。

新生銀行は出金限度額の設定を

新生銀行の場合は、初期設定では海外ATMの出金限度額が0円になっています。渡航前に設定をしましょう。

渡航前に設定や暗証番号確認を!

設定はネットさえあればどこでも変更することは出来るといえば出来ます。

しかし、海外でのネット接続は、一般の公衆Wifi等ではセキュリティが万全でありません。出来るだけ渡航前に、自宅で確認するようにしましょう。

国際キャッシュカード利用の注意点

ATM利用には十分注意!

photo by Jordan Dawe

  • 現地ATMによっては、オーナーの手数料を取る場合アリ。引出し時に手数料が表示された場合、そのATMでの引き出しをやめ、別の銀行のATMでトライ。他の銀行では手数料が取られない場合も多くあります。
  • 国際キャッシュカード利用の際は、ATMの場所や金額をメモ!
  • 帰国後は、暗証番号を変更
  • 紛失・盗難に備えて、国際キャッシュカードの番号と緊急の連絡先を控えておく

国際キャッシュカード・デビットカードには、海外旅行保険は付帯なし

クレジットカードと違い、審査なく作れる国際キャッシュカード・デビットカードですが、クレジットカードについているような海外旅行保険の付帯は基本的にない点(※)には注意です。

スルガ銀行のみ自動付帯、みずほ銀行は利用付帯。

クレジットカードを併用したい場合は、年会費無料で海外旅行保険が自動付帯になるカードを1~2枚あると少し安心です。

国際キャッシュカード・デビットカード 参考サイト