【世界のラウンジから】香港国際空港(第1ターミナル) プラザ・プレミアム・ラウンジ ウエストホール – 開放感があり明るいラウンジ

アジアの巨大ハブ空港、香港国際空港。

第1ターミナルには、プライオリティ・パスで使えるラウンジが2つ(2019年8月時点)あります。

そのうちの一つ、「ウエストホール」のゲート40の近くにあるのがこの「PLAZA PREMIUM LOUNGE(プラザ・プレミアム・ラウンジ)」です。

もう一つの「イーストホール」の同名ラウンジとは雰囲気が違い、天井がなく開放的な空間。

もちろん、食事メニューやドリンクは同じでした。

ラウンジの場所

まずは、ゲートのあるエリアをどんどんと先に進みます。

香港国際空港のゲート30

私のフライトは30番ゲートからでしたが、そこから5分は歩きました。

突き当たりを左に少し行くと、上の階にラウンジがあるのが見えます。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの外観

専用の?エレベーターも利用可能です。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの入り口

搭乗ゲートの場所によっては、かなり歩きます。搭乗開始時間には余裕を持って利用しましょう!

ラウンジの雰囲気

評価:★★★★★ 5

ゲートがあるエリアのど真ん中にあるせいか、利用客は多くなく、そこまで混雑していませんでした。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの施設内

もう一つの「イーストホール」のプラザ・プレミアム・ラウンジは激混みだったので、利用ゲートが近ければ、この「ウエストホール」のプラザ・プレミアム・ラウンジのほうがいいですね。

施設も、天井のない開放感のある作りで、圧迫感がなく明るいです。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの施設内

ラウンジそのものも充分に広く、気分的にもとてもゆったり過ごせました。

食事・飲み物

評価:★★★★★ 5

「イーストホール」のプラザ・プレミアム・ラウンジと、内容は同じです。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの食事

温かい麺類など、その場で調理して盛り付けてくれるのも同じ。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジのホットミール

コーヒーマシンはもちろん、ワインや缶ビールももちろん無料です。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジのソフトドリンク

台北桃園空港のプラザ・プレミアム・ラウンジとも、ほぼ同じ内容?という印象。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの缶ビール

ホットミールも充実しており、朝食・昼食・夕食利用はもちろん、カフェタイムでも充分に満足出来る内容ですね。

ワークスペース

評価:★★★★★ 5

電源完備のカウンタースペースのほか、プライバシー重視の一人席があります。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジのカウンターワークスペース
香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの個別ワークスペース

一人用の席では飲食NGとなっていますので、食事をしながら作業をしたい場合は、カウンター席など他の席を利用しましょう。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジの個別ワークスペースの机と椅子

香港はイギリス仕様のコンセントですが、日本のコンセントやUSBが差し込めるマルチタイプになっているのが地味に嬉しいです。

Wi-Fiもパスワード式の「セキュリティ保護あり」ラウンジ専用回線。

香港国際空港・ウエストホール・プラザ・プレミアム・ラウンジのWi-Fi

もちろん信用しきってしまうのもいけませんが、それでも空港共通のパスワードなしのラウンジと比べると、安心感は高いと言えます。

香港国際空港(第1ターミナル) プラザ・プレミアム・ラウンジ ウエストホール 感想まとめ

以前は、空港内電車を使って利用するLCC用のゲートの近くにあった(ように記憶)ために、レガシーキャリアの便ではなかなか使いづらかった、この二つ目のプラザ・プレミアム・ラウンジ。

2019年夏には、多少アクセスがしやすくなっていました。

施設自体も混雑が(イーストホールのプラザ・プレミアム・ラウンジに比べて)少なく、開放感があり気持ちよく利用出来ます。

メニューの豊富さも満足度が高く、また香港に来る際にゲートが近くなら使いたいラウンジです。

関連リンク