【世界のラウンジから】ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジ(セキュリティチェック前)

スポンサーリンク

ミラノにある複数の空港のうち、欧州各地へのLCC(格安航空会社)が発着するベルガモ空港。

ミラノ中央駅から約1時間、バス代も5ユーロ(2017年5月)と手ごろで、ミラノを起点に安く旅行する方も多い空港だと思います。

ベルガモ空港にはプライオリティパスで入れるラウンジが二つあり、一つがセキュリティチェックの前にある「VIPラウンジ」です。

もう一つも同じ運営元で、ゲートのある搭乗エリアにあります。

ラウンジの場所

ベルガモ空港のVIPラウンジ(ランドサイド)は、出発ロビーのセキュリティチェックの裏側の通路にあります。

ミラノ ベルガモ空港 のセキュリティチェック入口付近

このセキュリティチェックの手前、右手側に、ラウンジへの通路があります。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジへの通路

まるで職員専用のような入口。パスコード入力が必要と思いきや、普通に自動ドアが開いて入れました。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジの入り口ドア

ラウンジの雰囲気

評価:★★★☆☆3

なんとなく、アラブの家庭のリビングを思わせるようなレイアウトです。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジの内部

テーブルがソファから微妙に遠く、ちょっと使いづらかった。飲み物はひじ掛けに置く羽目に。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのジュース

イタリアには何故か100%のジュースがあまりない。

私が利用したのは平日午前でしたが、超ガラガラでした。よって静寂度は、これまで使ったラウンジでは最高レベル。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのドリンク

お手洗いも非常にきれいです。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのお手洗い

食事・飲み物

評価:★★☆☆☆2

食べ物はと言えば、イタリア風クロワッサン(※)の他、小さなスナック系のみ。

※名前と姿かたち以外は、フランスのクロワッサンとは似ても似つかない、アプリコットジャム入り・バター風味皆無のパン

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジの軽食

コーヒーマシンの立派さだけは、「さすがイタリア」の一言です。ブランドはイタリアNo.1のLAVAZZA(ラヴァッツア)。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのコーヒーマシン

食事的には、甘いものがOKだったり小食の方はいいかもしれませんが、食事の充実度は朝食にすら心許ない内容です。

やはりLCC専用の小さな空港は、こんなもんなんでしょうか。

ワークスペース

評価:★☆☆☆☆1

ワークスペースというワークスペースはありません。

なんとかカウンターでノートPCが開けるかな?程度です。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのカウンター席

それでも、カウンターにはパンやらスナックやらが置いてあるので、混雑していると人の目が気になりそう。

Wi-Fiはラウンジ専用のものが使えます。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのwi-fi

Wi-Fiパスワードは、セキュリティチェック後の搭乗フロアにあるラウンジと共通です。

セキュリティチェック優先ゲートあり

セキュリティチェック前にあるラウンジとしては珍しく?セキュリティチェックへの優先ゲートがあります。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジのセキュリティチェック優先ゲート

ラウンジを普通に出ようとしたら、フロントのお姉さんが「今からセキュリティチェック?それならこちらからどうぞ」と案内してくれました。

優先ゲートを出ると、行列を尻目に荷物チェックのレーンへ直行。これは便利。

ミラノ ベルガモ空港 のセキュリティチェック

急いでいる場合は、セキュリティチェックの為だけにこのラウンジに入ってもいいと思います。

というか、ラウンジ素通りでセキュリティチェックに向かっている人も何人かいました。

ミラノ ベルガモ空港 VIPラウンジ 感想まとめ

セキュリティチェック前ということもあり、あまり長いするほどのラウンジではない印象。

スナック類も寂しく、「単なる休憩」程度です。

ただ、お手洗いは空いていて清潔ですし、セキュリティチェックの優先レーンに入れるというのは大きな利点。

プライオリティパスをお持ちの方は、ラウンジで休む予定がなくてもセキュリティチェックの行列を避けるためだけに入る価値はあります。