昨日のエントリー「日本航空(JAL)、デルタと提携へ」でも紹介したJAL再建の記事ですが、このニュースで報じられた「アメリカン航空が交渉を打ち切る方向で調整に入った」という内容を、アメリカン航空が否定した、とのことです。

(レスポンスサイトより以下抜粋)

4日付読売新聞夕刊が、日本航空とデルタ航空と提携を伝えた記事の中で「アメリカン航空が交渉を打ち切る方向で調整に入った」と報じたことを受け、アメリカン航空が声明を発表した。

「交渉を打ち切る方向で調整に入ったとの誤解を招く一部報道がありましたが、そのような事実はありません」と、報道内容を否定した。

以下略

結局、まだ決まらないということですか。読売新聞、しっかりして下さい・・・。
(今朝、新聞を見てもその記事が載っていないのはおかしいな、と私も思いましたが・・・※読売ではありません)

アメリカン航空が支援するとなれば、JALのマイレージはそのまま「ワンワールド」チーム傘下に残ることになり、移項されるとしてもスムーズに行われるのでは・・・と私は勝手に想像しますが、ともかくユーザーとしては、今後マイルを貯めるためにはワンワールド系(アメリカン航空)にするかスカイチーム系(デルタ航空)にするか、少々悩まなければならないところですね。ANAでマイルを貯めている方には、どちらでもいいのかもしれません(笑)。この際ANAに乗り換えてしまうのもいいかも・・・。

ネット上では、アメリカン航空・デルタ航空で意見が二分化している模様・・・。

それにしてもJAL、企業年金減額の既退職者の同意もまだ1/3という報道もまた出ましたし、まだまだ時間がかかりそうな気がします。