【ベルギー旅行記】学生の街「ルーヴァン」観光!ベルギー名物ソーセージを食す

スポンサーリンク

ブリュッセルから電車で30分

ベルギーは面積が小さい国なので、どの都市にも1時間以内で行ける印象。

フランスのように乗車券にスタンプを押す必要もなく、切符を持ってそのまま乗車です。

電車の中で切符チェックを受けつつ、30分後に到着しました。

中心地までは歩いて15分

ルーヴァンの駅は改築中なのか、旧駅舎の隣の新しい駅舎に到着。

町の中心地までは、駅の前の真っすぐな道をひたすら歩いて15分程度です。

完全に平坦な道なので、ウィンドーショッピングをしながらのんびり行けます。

大きな教会が見えてきたら中心部に到着。

まずは腹ごしらえ・・・ベルギー名物ストンプ

既に12時を回っていたので、まずは何か食べることに。

中心地に入って目についた観光案内所。

市の公式の観光案内所ではありませんでしたが、色々教えてくれましたよ。

ここで、何をどこで食べるのがおすすめかを聞く。と、「L Cafe」というお店で「boerenkost」を食べるのがいいかというアドバイス。

そこから歩いて5分もかからない程度のパブストリートに、そのお店「L Cafe」はあります。

ありました。

早速お店の人と相談して、その日のおすすめ「boerenkost」をオーダー。ほどなくして来ました。

ジュースと合わせて約16ユーロ。

特にポテトがかなりのボリュームで、小食の私は食べきれませんでした・・・。

もう一回食べたいかと聞かれたら、一回でいいかな・・・な味に感じましたが、「旅で土地のものを食べてみたい」欲求は満たされましたw

世界遺産のを散歩

ここルーヴァンには、町の中に「町」があります。世界遺産であることは、現地に着いて初めて知りました。そのくらい下調べなしの旅。

ちなみにこの「町の中の町」には、日本人の方がお住まいのようです。歩いていたら、家の中から日本語が聞こえてきました。

恥ずかしがり屋なので、さすがに声はかけられなかったなぁ・・・。

市庁舎の見学ツアーは早めに行くべきだった

残すメインスポットは、市庁舎とカテドラル、そして大学。

まずは市庁舎に行ってみる

「よし、まずは市庁舎に行ってみよう」と、受付に鼻息荒く行ってみました。

が、耳を疑う受付の方の案内・・・「5分前に今日のツアーは出発してしまったよ」。

遅かった・・・。

15時までにツアーの申し込みをしておかないといけなかったようです。完全なるリサーチ不足。

仕方なく、カテドラルへ行くことにしました。

カテドラルも修復中だった

ルーヴァンのカテドラルは、鋭意修復中。正面は閉まっていて、サイドの入り口から入場。

祭壇も見られず、残念。

今のところ、踏んだり蹴ったりですw

後は歩いて大学図書館へ・・・

あとは大学図書館くらいなので、カテドラルから歩いて行きました。10分弱位。

が、ここの図書館、有料です。

あまりの暑さで、この時点で既に猛烈にへとへとに疲れていた私は、中に入らず外のベンチに座りながら、外のツアー団体のガイドさんの説明を耳ダンボで聞いて良しとすることに。

この後さっさと駅に向かい、ブリュッセルの宿へと帰りましたとさ・・・。

ルーヴァン観光 感想とプチねた

ストンプは、かなり重いです。1回食べればいいかなとw

町はコンパクトなので、ブリュッセルからの日帰りで十分観光出来ます。

美しい街ですが、ブルージュのように観光地化されてないので、そこに住んでいる人たちの日常を楽しみつつ、観光が出来たように思いました。

仏語の利用には注意かも

ルーヴァンはフランドル地域なので、フラマン語(オランダ語に似ている)が主要言語です。

私は仏語でお店の人たちと話をしましたが、ブリュッセル在住の友人に聞くと「フラマン地域では、フランス語より英語の方がいいよ。フランス語では嫌な顔される」と言われました。

確かに、私も観光案内所やレストランで仏語で話そうとしても、お店の人たちはどうも英語で対応しようとしてきてましたね。仏語ではイラっとするのかもしれません。

ベルギーも地域間の問題があるんですね。日常の言葉でそれを感じた、ルーヴァン観光でした。