【スリ防止】観光時のデイパック&ボディバッグの防犯対策まとめ

スポンサーリンク

バックパッカーでも、「日中の観光は小さいバッグで」という方が殆どだと思います。

リュックやななめ掛けバッグをサブバッグとして使っている方が殆どではないでしょうか。

しかし、安全がタダの国「日本」で育った人は、カバンの防犯意識が世界一低いと言っても過言ではありません。

そう、海外の観光地で日本人は無防備すぎて、スリの格好の的です。

というわけで、今回は筆者が行っている、日中の観光用のバッグの防犯対策をまとめてみました。

その1:財布を入れない

ペットボトルや、観光中に買ったお土産などを入れるのにとても便利なリュックやボディバッグ。

が、私は何度か、リュックのファスナーをぱっかり開けられて盗まれた・・・という旅行者に会いました。

リュックは持ち主の目が一切届きません

すなわち、スリに対して「盗んでくれ」とアピールしているものです。

リュックのイメージ

気付かないうちにファスナーが・・・

財布や金目のものは一切リュックに入れない。これが基本。

小さなボディバッグやポシェットでも、が、日中の観光で貴重品を入れて歩くのは、「ここに財布があります」とアピールしてしまうようなもの。

ホステルやゲストハウスなどの安宿で貴重品を身に着けておくには便利ですが、外出時には気をつけましょう。

財布は首からかけられるセイフティーポーチに入れてシャツの中にしまうなどの防犯対策が鉄板です。

(ジャケットの中に手を入れてくるスリもいますがね・・・)

その2:前掛けにする

特に観光客でごった返す観光スポットでは、人が多すぎて注意力が散漫になりがちです。

カバンへの注意力がなくなっているその瞬間を、スリも狙っています。

一番いいのは、リュックやボディバッグを前に掛けること。

見た目はイマイチですが、目の前にファスナーがあることで、スリが諦める一つのきっかけにはなります。

その3:カラビナや鍵をつける

ダブルファスナーのカバンなら、迷わずカラビナや鍵をつけましょう。

ダブルジップのファスナーにカラビナを装着

ダブルファスナーでない場合にも、ファスナー閉じ部にリングを縫い付けて、鍵をかけられるようにDIY。

シングルジップのファスナーの近くにリングを縫い付けてダイヤルロックを装着

【関連エントリー】スリ防止 シングルジップのバッグに、DIYで防犯対策!

これでもって前掛けにすれば、スリも「別のターゲットを探した方が楽だな」と思うはず。

ちなみに、筆者はバックパッカー歴10年以上ですが、このダイヤルロックをつけているリュックで、スリに遭ったことは今までありません

※鍵をつけていないバッグでスリ未遂&スリにあったことはある・・・(´・ω・`)

観光用リュック&ボディバッグの防犯対策まとめ

これを全てやっても、スリは惜しげなく狙ってくることもあります。

狙われやすい場所(筆者経験済み)

  • 慣れない地下鉄で路線図を見てたら、ジャケットの中のポシェットに手を入れられる
  • チケットを買う場所で前の人の動作を見てたら、気付いたらポシェットが開いていた
  • 急いでバスに乗るのに財布を出してチケットを見せた後、財布をついぽっとカバンに入れたら、外を見ている間にスられた

知らない土地での観光は、どんなに対策をしたとしても、どうしても注意力が散漫になってしまいます。

でも全く何もやらないよりは、防犯対策はやったほうが絶対にいい。

スリに遭うと、それだけで楽しい旅が台無しになります!まじです!警察に行ったりとかで、時間もなくなります!

徹底した防犯対策、面倒臭いようで、これが最も旅を楽しむ秘訣です!!