【フランス】OrangeのSIMカードで、Wifiホットスポットが使い放題

スポンサーリンク

フランスで携帯電話のSIMを購入。通話・SMSのみの、プリペイドSIMです。

今回は、フランスの携帯会社大手のOrange(オランジュ)にて購入しました。

france-orange-sim3

Orange(オランジュ)の他には、Bouygue(ブイグ)・SFR(エス・エフ・エール)が最大手で、たいていどこの町にもあり、プリペイドカードは価格もほぼ同じです。

SIMカードの買い方

お店に行き、受付で「プリペイドSIMが欲しい」と言えばOK。混んでいれば番号札を貰って待ちます。

フランス国内に住所があるか聞かれますが、「ない」と言ったら、そのお店の住所を入れてくれました。あとはパスポートを提示して、名前や生年月日などをPCに入力された後、SIMを携帯に入れてもらって終了。

念のためその場でアクティベートの確認をしてもらいました。5ユーロのプリペイド付で、9.99ユーロ也。

france-orange-sim1

私の携帯端末は、某アラブ国で買ったNOKIAのSIMフリーで、2,000円~3,000円位だったように記憶。Amazonでも同じくらいの値段で買えます。※日本のSIMカードは、電波の形式が違うので使えません。

インターネットは出来ませんが、友人と連絡を取ったり、Blablacar(カーシェアリングで移動)する場合に必要なだけだったので、性能としては必要十分。インターネットは最初からWifiのみで過ごすつもりでした。

最近は日本語のSIMフリーのガラケーも出てきましたが、日本の携帯端末も、ヨーロッパのように全面的にSIMフリーが標準になってほしいものです。

Orange(オランジュ)のWifiホットスポットの使い方

携帯のSIMはインターネットが使えないプランでしたが、Orange(オランジュ)のWifiホットスポットは完全無料です。手持ちのiPod touchで、wifiがある場所ではインターネットをがんがんにやってました。

ホットスポットWifiの接続は英語表示なので、幾分か楽になります。

まず、IDとパスワードを得るために、携帯電話から「#125#」へ発信。すると、携帯の画面にID(電話番号)とパスワード(4桁の数字)が表示されます。このパスワード情報はメールとして保存されませんので、メモしておきましょう。

Wifiで「Orange」を見つけたら、接続。そうすると、ログイン画面に遷移します。

france-orange-sim2

「You are a mobile customer」を選択し、次の画面でIDとパスワードを入れて接続すれば完了です。

Orange(オランジュ)のWifiホットスポットの注意点

  • 一定時間でパスワードが変わります。接続の度に、携帯電話でパスワードを確認する必要があります。
  • 同時に2つ以上の機器を同じID・パスワードでつなげることは出来ません。
  • プリペイドの場合、クレジット(入金額)が残っていないと、ホットスポットは使えません。

Orange(オランジュ)のホットスポットは、街中であれば非常に簡単に見つかります。他の大手2社(Bouygue・SFR)よりも多い印象ですが、その2社のホットスポットも良く見つかりました。

ただ、私がOrange(オランジュ)を選んだのは、事前にその3社のホームページを読み比べたところ、ホットスポットが使えることと、パスワードの入手方法についての説明が明確だったからです。

SFR(エス・エフ・エール)も、プリペイドSIMのページ(仏語)にホットスポットが使えることが書いてありますが、パスワードの入手方法などがいまいちハッキリしませんでした。

店員さんは良く知らないので、自分で調べていきましょう

購入前のリサーチでは、OrangeのプリペイドでホットスポットWifiが使えるということでしたが、お店の方に購入時に聞いてみたら「プリペイドSIMじゃプランが違うから使えないよ」と言われました。

しかし、実際はリサーチの通り、ホットスポットWifiは使えました。

フランスは、お店でも銀行でもお役所でも、担当によって言うことが違う国です。日本のようにきちんとしているほうが、世界では稀でしょう。

各社ウェブサイトは現地語なのでわかりづらい部分もありますが、Googleの日本語訳・英語訳などを駆使して、頑張って情報収集してから、SIMカードを購入するのが正しい消費者といふものです。お店の方の説明を鵜呑みにしないようにしましょう!

関連リンク