【2024年版】ヨーロッパで節約移動!BlaBlaCar(ブラブラカー)の利用方法
ヨーロッパ

【2024年版】ヨーロッパで節約移動!BlaBlaCar(ブラブラカー)の利用方法

もくじ

※外部サイトへのリンクにはアフィリエイトタグが含まれている場合があり、購入や会員登録の成約などから、当サイトが収益化を行うことがあります。詳細はプライバシーポリシーをご確認ください。

ヨーロッパでの移動に、とても便利なBlaBlaCar(ブラブラカー)。旅行にも非常に便利で、現地の人たちが使っている格安移動術を、旅行にも使えたらと思う方も多いと思います。

Blablacar(ブラブラカー)

© Blablacar

筆者は主に、フランスでこのBlablacar(昔はco-voituageと呼んでいた)を、かれこれ5回ほど利用しました。いずれも旅行目的で、非常に助かった記憶があります。

今回は、そんなBlaBlaCar(ブラブラカー)の利用方法を紹介したいと思います。

BlaBlaCar(ブラブラカー)とは

BlaBlaCar(ブラブラカー)とは、乗せたい人と乗りたい人をマッチングする、ヨーロッパで人気のSNSです。

車の持ち主で同乗者を探している人は、同乗者に協力してもらう金額を自由に提示し、それに納得した人がお金を払って乗るシステム。

エコロジーでもあり、ヨーロッパではもはや日常的な存在です。

筆者の記憶では、2010年頃には、すでにフランスでは「Co-voituage(コ・ヴォアチュアージュ)」として浸透していて、自分を含め友人達もよく利用していました。その数年後、いつの間にかサイトがBlaBlaCarとなっていましたね。

節約旅の大きな味方

たとえばフランスのTGVなどは早く予約すればチケットが安く手に入りますが、直前に予定を決めると結構高いです。

そんな時、BlaBlaCar(ブラブラカー)ならば電車に比べてかなり安く移動できます。

また、電車やバスがない田舎に行きたい時にも便利です。通勤ルートを登録しているドライバーも多いので、もし時間やルートが合えばラッキー。

検索の方法

トップページなどから、

  • 日にち
  • 出発地
  • 到着地

を入力し、「Search」。簡単ですね。

検索すると、ずらっとリストが出ます。

ブラブラカーの検索画面

© Blablacar

上記キャプチャはPCブラウザ版のものですが、絞り込み条件などはアプリでも同じです。

タバコ可、ペット可、女性のみなど、条件を指定して絞り込みすることもできます。

ブラブラカーの検索画面

© Blablacar

予約は承認制です。

予約には、PayPayかクレジットカードが必要

以前は現地で現金での直接やり取りでしたが、2024年2月現在では、支払いはPayPalもしくはクレジットカードを通して、自動で行われます。

本人認証は推奨事項

本人認証をしなくても利用はできますが、本人認証をしておいたほうがドライバーが安心して予約の承認ができます。

また、ドライバーさんによっては本人確認済みのユーザー以外は予約を承認しない場合もあります。

本人認証そのものは、日本の携帯電話の番号でも可能です。

フランスのSIMカード

現地の待ち合わせで何か連絡が必要にある場合など、現地でも音声通話やSMSができる手段があるとより良いでしょう。

ちなみに欧州では、ほとんどの場合SMSの代わりとしてWhatsAppを使っていることが多いです(日本で言うLINEの役割と同じです)。

予約の方法

検索結果から詳しいドライブ情報を確認して、続ける場合には「Continue」をクリック。

ブラブラカーのドライブ詳細情報

© Blablacar

詳細を確認して、「Request Book」をクリックすれば、予約申請が完了です。

予約申請が承認されて、予約が完了

「即時承認」のライド、もしくは3時間以内にドライバーが予約を承認すると、予約完了となります。予約が完了すると、登録のPayPayまたはクレジットカードから金額が引き落としされます。

即時承認しないドライバーの場合は、予約申請から3時間以内という予約承認期限が設けられています。

否承認、または3時間以内に承認されない場合は、予約申請の3時間後から別のライドを予約できます。

詳細な待ち合わせ場所を確認

予約が成立したら、集合場所の詳細をドライバーと確認しておきましょう。

地下鉄の駅が設定されている場合、出口が複数あることもあるので、どの出口なのか、銀行やお店などの前なのかなど、必ず確認します。

クラクフの鉄道駅

鉄道駅や、メトロの駅の出口などで待ち合わせが多い

あとは、時間に遅れないように現地に向かうだけです。

ドライブ中の注意点など

車内の会話

私はこれまで5回、フランスで利用しましたが、ドライバーさんは同乗者を募集しているだけあって、基本的に話好きな人が比較的多い印象でした。

無理に長話に付き合う必要はないとは思いますが、ある程度世間話くらいはできるといいと思います。

尚、他に同乗者がいたとしても、自分のような完全なる旅行者に会うことは、筆者の経験ではありませんでした。基本的に現地の方々です。

シートベルトは必ず装着

ヨーロッパでは後部座席もシートベルトが義務付けられている場合も多いです。事故があった際のダメージを最小限にする意味でも、必ずシートベルトは装着しましょう。

トイレ休憩について

途中でSAで休憩を取る場合もあります。お手洗いに行きたくなったら、遠慮せず言えばたいていのドライバーさんは寄ってくれます。

他の同乗者さん

長旅の場合、途中で降りる同乗者さんや、途中から乗ってくる同乗者さんもいます。挨拶はきちんとしましょう。

ドライブが終わったら

無事に目的地に着いた後は、フィードバックでドライバーさんにお礼を兼ねて評価をしましょう。この辺りは、日本のメルカリやヤフオクなどと同様です。

関連リンク

ヨーロッパフランスドイツイギリス