【フランス】無料で使える公衆(パブリック)の無料Wi-Fi・ホットスポットまとめ

スポンサーリンク

フランスには何人かの友人が住んでいることもあり、1~2年に1回程度の頻度で、遊びに行きます。

このところ、フランスでもWi-Fi(フランス語では「ウィーフィー」と発音)が広まってきているので、フランス旅行で使えた公衆の無料Wi-Fiについてまとめてみました。

2015年末に確認したものですので、今後変わる可能性がある点はご了承下さい。

マクドナルドのWi-Fi

フランスのマクドナルドでは、パスワードなしで無料のWi-Fiに接続可能です。

france-wifi-mcdonalds-01

真ん中の「J’accepte(了承する)」をクリックするだけで、Wi-Fiに繋がります。

マクドナルドで食事をせずとも、マクドナルドのお店の周りでWi-Fiが使えてしまいます。どうなのコレ。

SNCF(フランス国鉄)主要駅でのWIFI

SNCF(読み:エス・エヌ・セー・エフ)と呼ばれるフランスの国鉄でも、徐々にWi-Fiが整備されつつあるよう。

写真はリヨンのパール・デュー駅。1階のコンコースにWi-Fiスペースがあります。

france-wifi-lyon-01

高速Wi-Fiの無制限利用には登録が必要

登録なしの場合、「ロースピード(低速)20分の時間制限」となります。

ハイスピード(高速)無制限Wi-Fiには、名前の登録も必要です。テロ対策などでしょうか?

france-wifi-sncf-01

france-wifi-sncf-02

2017年にはTGVで、Wi-Fiを使えるように準備中のようです。仕事が早いとはお世辞には言えないフランス、計画通り行くでしょうか・・・?

【参考】La SNCF rate le train du WiFi en 2016|Silicon

携帯電話各社のWIFI ※SIMを買った場合

フランスには、大手の携帯電話サービスとして以下の3社が挙げられます。

  • Orange(オランジュ)
  • SFR(エス・エフ・エール)
  • Bouygues(ブイグ)

これら各社では、契約者にパスワード付のパブリックWi-Fi(ホットスポット)を提供しています。

私がOrange(オランジュ)のプリペイドSIMでパブリックWi-Fiを使ったレポートはこちら

france-wifi-orange-01

 

この時は事前に各社HPをチェックしたところ、Orange(オランジュ)のみが確実にパブリックWIFIが使えることが公式サイトで確認できたため、Orange(オランジュ)を選択しました。

「free」は「無料」じゃなくて、会社名です

パブリックWi-Fiの電波を探す時、よく「free」というのを見かけると思います。

france-wifi-free-01

「あれ?タダなのにパスワードとか必要?どうやって?」

と思うかもしれませんが、これは「free(フリー)」という通信会社が利用者に開放している公衆Wi-Fiです。

freeの携帯電話は、月2ユーロ~の月ぎめ契約のみ。プリペイドSIMの販売はありません(2016年10月現在)。

居住者でない観光客は基本的に使えませんので諦めましょう。

フランスの公衆無料Wi-Fiまとめ

もちろん観光大国のフランスですので、どんどん状況は変わると思います。私も取材出来たら更新して行きます。

携帯電話のプリペイドSIMで使える公衆無料Wi-Fiは、何かと便利でした。ただ、クレジット(チャージ金額)がゼロになるか、有効期限が切れると使えなくなる点のみ注意。

周辺国のほうがWi-Fiは発達している感はありますが(ポルトガルやドイツではバス車内で出来たりする)、フランスも恐らくどんどん発達していくのではないでしょうかね。