【世界のラウンジから】福岡空港 国内線ターミナル くつろぎのラウンジTIME

スポンサーリンク

福岡空港の「くつろぎのラウンジTIME」は、国内線チェックインエリアにある、クレジットカードの会員資格で入場できるラウンジです。

福岡空港 くつろぎのラウンジTime

多くのカードに対応していることもあり、平日昼間でも非常に混んでいました。

※福岡空港は国内線ターミナルビル再整備中のため、この「くつろぎのラウンジTIME」は2019年までの仮施設となります。

ラウンジの雰囲気

評価:★★☆☆☆2

かなり利用者が多く、ガヤガヤ感がありました。時間帯にもよるのかもしれませんが・・・。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeの内部

ラウンジを利用している特別感は皆無。

とは言え、搭乗口の待合席よりは空いていますね。ないよりマシ、程度でしょう。

福岡空港の国内線ターミナルは、この他はJALかANAのラウンジしかないため、そのような高級路線の会員以外(私を含む)は、この「くつろぎのラウンジTime」に群がることになりますね・・・。

食事・飲み物

評価:★★☆☆☆2

受付で最初に、「ビール1杯かフリードリンクかどちらか」を選ぶように案内されます。

私はアルコールは飲まない(体質的には超飲めまくるが、精神的には全く必要としないタイプ)ので、普通にフリードリンクを選択。

しかし、「ビール1杯」を選んでも、フリードリンクは紙コップなどは自由に使える状態になっているので、フリードリンクも普通に飲めそうな気はします。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeのフリードリンク

飲み物はコーヒーやソフトドリンクの他、牛乳や野菜ジュースなどもありました。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeのフリードリンク

残念ながら、食べ物はありません。受付時に渡される、この小さいスナックのみです。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeでもらったスナック

いくらなんでも寂しすぎる・・・。

ワークスペース

評価:★★★★☆4

今回はPCなどを持っていなかったため利用しませんでしたが、部屋の奥にはワークスペースもありました。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeのワークスペース

ワークスペースでなくても、壁際の席には電源がたくさん用意されていました。

ラウンジのパスワード付Wi-Fiがあるのは◎です。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeのWifi

雑誌や新聞は充実

新聞が読める点は最低限として、最新の様々な雑誌が借りられる点はいいですね。子ども向けの絵本などもありました。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeの雑誌貸し出し

受付に雑誌のカード(雑誌がそのまま置いてあるわけではない)を渡して、雑誌と交換してもらいます。

福岡空港 くつろぎのラウンジTime 感想まとめ

これまで10程度の国内・海外の空港ラウンジを使いましたが、間違いなくガッカリ度が最も高いレベル。

落ち着きがなく(時間帯に寄るのかもしれないが)、食べ物は超小さいスナック1つのみ、あとはフリードリンクだけ。

福岡空港 くつろぎのラウンジTimeのコーヒーマシン

お手洗いが綺麗なだけが取り柄ですか・・・。

九州では一番大きな空港なので、もう少し頑張ってほしいです!