【無料】ヨーロッパで拡大中!フリーガイド誌「USE IT」が観光にメチャ使えるよ

スポンサーリンク

先日ベルギーを旅行した際、現地に住む友人に教えてもらった、「USE IT」。

USE ITの冊子

無料で配布されている、トラベルインフォのミニガイドなのですが、内容が濃いぃ!

ベルギーの各地方都市を日帰り旅行するのに、ものすごーく参考になりました!ので、ご紹介。

「USE IT」は、現地人が作ってる無料ガイド誌!

「USE IT」は、ヨーロッパで発行されている、ローカル人が作る無料のガイド誌です。

無料なのにも関わらず、広告が一切ありません(少なくとも私がゲットした分は)。

ブリュッセルが本部の非営利団体で、なんと、作成は完全ボランティア。ブリュッセルにはインフォメーションデスクもあるそう。

USE ITのインフォメーションデスクの案内

2018年4月現在、ヨーロッパの27都市で発行されていて、更にいくつかの都市で発行準備が進んでいるそうです。

USE ITが発行されている都市(2018年4月現在)

ベルギー
  • ブリュッセル
  • アントワープ
  • ブルージュ
  • シャルルロワ
  • ゲント
  • ルーヴェン
  • メヘレン
ドイツ
  • アウクスブルク
  • マクデブルク
フランス
  • ボルドー
  • ナント
  • ルーアン
  • レンヌ(予定)
  • カレ(予定)
スペイン
  • コルドバ
イタリア
  • フェラーラ
  • プラート
  • ポルティチ(予定)
ポルトガル
  • フンシャル
  • ギマランイス
  • ポルト
  • コインブラ(予定)
オランダ
  • レーワルデン
  • ナイメーヘン
  • ユトレヒト
  • ライデン(予定)
ノルウェー
  • オスロ
フィンランド
  • オウル
オーストリア
  • グラーツ
チェコ
  • プラハ
  • ブルノ
  • チェスケー・ブジェヨヴィツェ
  • オロモウツ
  • オストラヴァ
  • クトナー・ホラ(予定)
  • ズリーン(予定)
セルビア
  • ベオグラード
スロベニア
  • リュブリャナ
クロアチア
  • ザグレブ
キプロス
  • ニコシア
ルーマニア
  • ティミショアラ

以前はミラノ(イタリア)などもあったようですが、現時点では公式サイトに都市名はありませんでした。

USE ITの裏表紙

ボランティアでやってくれているので、発行されたりなくなったり、もあるのかもしれないですね。

最新情報はFacebookページへどうぞ。私は使ってませんが、アプリもあるようです。

英語版のみです!

旅行者向けなので、現地語ではなく英語で書かれている点もマル。

旅行ガイドは小説と違って、観光場所の営業時間や入場料など「読まなくてもわかる」内容が大半で、英語でもそんなに難しくありません。

ゲイバーの情報があったりと、なかなか深い。

USE ITのゲイバー情報

「現地の人はどんな人たち?」などのコラムもあって、読みごたえもあります。

USE ITのAct like a local

例えば、↑のルーヴェンの「Act like a local」のコーナーでは、

「ステラビール、うん、ちょっと複雑。だってブラジルの企業に買収されちゃったから・・・。でもステラはまだ『僕たちのステラ』だからさー!」(管理人意訳)

なんてことが書いてあります。面白いですね。

「最も地元民に溶け込んで楽しめるガイドブック」と言ってもいいでしょう!

毎年更新、デザインもかわいい

内容は常にアップデートで、毎年更新されてます。

毎年発行されるこのオシャレなガイド、私の友人は毎年集めているそう。

USE ITいろいろ

イラストがすごくかわいいんですよね。

これもデザイナーさんが無償で作っているのでしょうか・・・。すごすぎる!

もちろん観光情報や地図もOK!

ガイド誌なので、もちろん観光情報もばっちり。

USE ITを広げた観光マップ

広げるとこの大きさ!

建造物だけでなく、レストラン・カフェ情報がまとまっていて、通り一つをとってもあっちこっち見ながら楽しめます。

USE ITのカフェ・レストラン情報

誰が何をオススメしているかなど、顔写真と共に紹介されているのも嬉しい。

USE ITのローカルたちの顔写真

無料Wi-Fi情報もしっかり網羅しています。

USE ITのwifi情報

無料でここまでしてもらっていいのでしょうか!?ロンリープラネット以上の情報量ですよ!

「USE IT」まとめ

ヨーロッパ旅行で「USE IT」を見かけたら、迷わずゲットしましょうー!

USE ITの冊子

ローカル民による、超ローカルな情報。今流行りの?「暮らすように旅をする」を、間違いなく体験出来ます(笑)。

ちなみに、宿情報だけはほぼ載っていないので、予約はBooking.comなどで済ませて、現地入りしてから手に入れましょう♪