現金やクレジットカードの携帯場所は必ず分散を!海外旅行の基礎知識

一人旅でなくても重要なお金。現金やトラベラーズチェックは、必ず保管場所を分散させましょう。一箇所に保管していると、失くす時に一気に所持金がなくなってしまいます。

まずはリスク分散を

多額の現金だけを持って行くは非常に危険。クレジットカードや国際キャッシュカード(VISAデビットカード等)と合わせて、現金とカードの複数の形で持って行きましょう。

現金にはすぐに使えるという長所があり、クレジットカードは紛失時の補償やショッピング保険などの長所があります。

詳しくは「お金の持って行き方」カテゴリー内の記事に書いていますのでそちらをご覧下さい。

高級な財布で行かない

私は旅行用にナイロンの財布を買いました。

理由は【なくしてもショックでない】からです。日本で使っているのはイタリア製の皮の財布です。

ストラップがつけられるアウトドアブランドの財布(ワレット)は便利ですよー。

軽くて丈夫、しかも可愛い。常に体から離れないような工夫をするのが、盗難防止への第一歩。

【関連記事】【レビュー】バックパッカー旅用にチャムスの30D Trek Walletを買ったよ!

セイフティーポーチに分けて携帯

1箇所だけでお金を管理するのは、やはり失くした時のことを考えると、非常に不安が大きいです。

その日に使わないお金や2枚目のカードは、別にしてセイフティーポーチに分散。最悪、メインの財布が盗まれても身動きが取れなくなるリスクが大きく軽減します。

【関連記事】パスポートの防犯対策