【札幌観光記】北海道大学博物館のボランティアによるガイド解説が素晴らしい!無料&楽しく勉強で一石二鳥!

札幌駅から徒歩圏内にある、北海道大学。

レストランや学食で美味しい食事を楽しむ方も多いと思いますが、博物館には立ち寄ったことがありますか?

北海道大学総合博物館の外観

こちらでは毎年、総合博物館ボランティアによる展示解説が行われています。

ボランティアと言えど、私のような平凡な一般市民ではなく、解説は現役の研究者や北大OB/OGの皆さんによるものです!

行ってみて非常に楽しかったので、多くの方にオススメしたいです。

スケジュールはウェブサイトをチェック!

開催は月1回。スケジュールは北海道大学総合博物館のウェブサイトとFacebookで告知されます。

リンク 北海道大学総合博物館

少しずつ違うテーマで、各回20分という区切りで解説員がガイド。

時間の長さ的にも参加しやすく、申し込み不要、参加費不要の現地集合なので、旅行者でも気軽に参加出来ます。

展示解説に行ってみた!

私が参加したのは2019年4月の展示解説です。

北海道大学総合博物館の展示解説の時間割

全4回のうち、2回目を除く3回に参加しました。

この日は化石の展示室「古生物の部屋」で、ガイドが開催されました。

トークもわかりやすくて面白い!

第1回目は、実際に化石の発掘をされている方による、化石ガイド。

北海道大学総合博物館のボランティアガイドによる展示解説、化石が博物館に展示されるまで

トレッキングもお好きで、「山で骨を見つけて持って帰り、家族からひんしゅくも買っている」など、笑いも取り混ぜての解説。(感染の問題もあるので、よい子は真似しないように!だそう)

北海道大学総合博物館のボランティアガイドによる展示解説、化石が博物館に展示されるまで

恐竜のような大きな化石の場合、展示は大抵はレプリカだそうです。実際、想像で復元されている箇所も多くあります。

本物の保存の目的もそうですが、実物では重さがかなりあり展示に向かないためとか。


第3回目は、北大医学部OBのおじさまによる、アンモナイトの解説。

北海道大学総合博物館のボランティアガイドによる展示解説、アンモナイト

まずは、「アンモナイトは貝ではない!」という、驚きの事実からスタート(タコやイカの仲間らしい)。

アンモナイトは生まれたときはまっすぐで、成長に従い徐々に内側に巻いていくそうです。

巻いていく過程できれいに丸まらなかった、異形のアンモナイトの展示も多数。

2mという巨大なアンモナイトも存在したそうで、聞けば30年は生きたのでは、とのことでした!


第4回目(最終回)は、大阪で見つかったマチカネワニの化石について。

北海道大学総合博物館のボランティアガイドによる展示解説、マチカネワニ

この巨大さ、驚きです。

この回では、いくつかクイズ形式の参加型で進んでいきました。

「怪我をして治った跡はどこでしょう?」など、一人で眺めていたら知ることはなかった発見を楽しめました。

おまけ:学食の牛とろ丼も美味しいよ

北海道大学博物館のすぐ北側には、中央食堂があり、一般客でも利用可能です。

北海道大学の中央食堂の外観

※平日13:00までは学生優先です。

北大の学食の名物と言えば、「牛とろ丼」。

北海道大学の中央食堂の牛とろ丼価格

凍った牛のフレークを温かいご飯とまぜまぜ。特製だれとネギがマッチして美味しいです!

北海道大学の中央食堂の牛とろ丼

博物館からもすぐですので、ここで腹ごしらえしていくのもいいですね!

北海道大学博物館の博物館ボランティアによる展示解説 感想まとめ

北大は研究拠点としても素晴らしい成果をたくさん挙げていて、豊富な研究資料を一般に無料で開放しています。

北海道大学総合博物館の館内

ボランティア解説員によるガイドもその一貫。実際に研究活動をされている皆さんが解説してくれるので、臨場感も違います

解説もなくぶらぶらしているだけとは違い、話を聞く方が何倍も理解度が変わりますよね。

北海道大学の観光時、タイミングが合えば行ってみては如何でしょうか!?

各回20分と短く申し込みも不要なので、気軽に参加出来ますよ。

関連リンク

北海道大学総合博物館 – 公式サイト