【長崎旅行記】長崎さるくのお散歩マップで下町文化に触れる!「04 中華街・丸山花街」編

スポンサーリンク

この記事は

の続きです。

長崎駅の観光案内所でもらってきた、さるくマップ。

長崎・さるくマップ

このうち、今回は「04 中華街・丸山花街」で、お散歩「さるく」してみます。

1 長崎のチャイナタウン コース

中華街から徒歩1分の「ファーストキャビン長崎」に宿泊していたので、中華街は最終日の出発前の1~2時間でぶらぶらしてきました。

まずは湊公園からスタート。

長崎・湊公園

湊公園ちかくの「つりがね堂薬局」。本物の鐘がぶら下がっていて、ものすごい迫力。

長崎・つりがね堂薬局

プロペラは九一式戦闘機のもの(byさるくマップ)だそうです。

左手の象徴門(誘導門)をくぐって、どんどん進んでいきます。

長崎・チャイナタウンの誘導門

レトロなビル。映画「悪人」のロケ地にもなったとか。妻夫木くんのやつですね。見てないけど。

長崎・映画「悪人」ロケ地のビル

中華街は昔は塀で囲まれていたそう。地区には中華風のお堂が4つくらいあります。

長崎・唐人屋敷の土神堂

観音堂の隣のコミュニティ住宅のエレベーターは一般の人も利用可。

長崎・コミュニティ住宅のエレベーター""

マンションの他人のおうちの前を通り過ぎていくこの感覚、他の町にはないですね(;^_^A

長崎・コミュニティ住宅

コミュニティ住宅を通って、丘に登って住宅街に出ると、唐人屋敷が一望できます。

長崎・唐人屋敷エリアを眺める

夕景がおすすめ(byさるくマップ)だそうですが、朝でしたので朝日がまぶしかったです。

2 丸山ぶらぶら思案橋 コース

もうひとつの「2 丸山ぶらぶら思案橋」コースは、その前日の午後、「03 まちなか」の後に散歩しました。

「花街」といえば京都の祇園がまず頭に浮かびますが、長崎にもあったんですね。知らなかった。

長崎・思案橋の入り口

「行こうかどうしようか」と男たちが悩んだという「思案橋」からスタートです。

丸山公園前のかわいい交番がさっそくお出迎え。

長崎・丸山公園の交番

公園を横にして歩くと、高級そうな料亭「史跡料亭花月」が見えます。

長崎・史跡料亭花月

さすがに見学は、料亭なだけに、出来ないんだろうなぁ・・・。

「花月」の突き当りを左に曲がると、今度は芸妓衆(げいこし)の事務所だという「長崎検番」が見えました。

長崎・長崎検番

夜に来たら、また雰囲気が違うんでしょうね。

「長崎検番」の横道の坂を上っていくと、芸妓さんたちをはじめ、多くの方が今もお参りに来るという「梅園身代わり天満宮」があります。

長崎・梅園身代わり天満宮

「お参りが先、観るは後」です。先にお参りしてから拝見させて頂きました。

江戸時代中期の庭園がある「中の茶屋」は、外の園内は自由に見学出来ました。

長崎・中の茶屋の庭園

中は有料で、長崎を代表する漫画家の清水崑氏の展示室になっているそうです。

その後、通りを渡って「高島秋帆旧宅跡」を抜けます。

長崎・高島秋帆旧宅跡

高島秋帆(たかしま しゅうはん)は、砲術家だったそう。

塀や門構えは残っている(復元かも?)のですが、住宅は原爆で大破してしまったそうで、現在は柱の跡などしかありません。

坂をぐんぐん下って、正覚寺の前を通過。「長崎茂木街道ここに始まる」の石碑があります。

長崎・正覚寺と「長崎茂木街道ここに始まる」の石碑

その後は再び丸山公園へ。坂本龍馬の像はまだ新しめです。

長崎・丸山公園の坂本龍馬の像

丸山公園を横切った後、坂を上って「大徳寺跡」へ向かいます。

長崎・丸山公園と大徳寺の間の通り

この「大徳寺跡」には、ご神木のような大きなクスノキがあります。ちょっとしたパワースポットかもしれない。とか思ったりする。

長崎・大徳寺跡の大クスノキ

で、隣の菅原神社でゴール。結構歩いて疲れました。

神社から坂を下りれば、中華街の入り口付近に出ます。

花街界隈は私のような観光客は殆ど見かけませんでしたので、コアな長崎観光になりました!

<次回(平和編)に続く>