【長崎旅行記】長崎グルメ、色々なレストランの感想を書いてみる

スポンサーリンク

長崎を4泊5日で観光してきました。

その間色々なグルメを楽しみましたが、それぞれに魅力があり、ちょこちょこっと感想を書いてみます。

私の食の傾向としてはこんな感じです。

  • 小食
  • 甘いものが苦手
  • 好き嫌いはほぼなし
  • そばと牡蛎ととろろにアレルギーあり

それでは、レッツゴー!

※価格は2017年11月現在、税込みです。

皿うどん 600円

長崎と言えばちゃんぽんと皿うどん。どちらも全国のスーパーで買えるほどの知名度を誇ります。

今回は大浦地区に近い、「三八ラーメン 大浦支店」に入ってみました。

長崎・三八ラーメン大浦支店

地元感が漂う店構えです。

ほとんどの観光客は、グラバー園の坂のふもとにある四海樓あたりに行くのではないでしょうか。しかし私は、こういう地元のにおいがぷんぷんするところのほうが良い。

長崎・三八ラーメン大浦支店のメニュー

「ラーメン」が450円という激安価格、「チャシュメン」もまさかの600円。しかし「にきり」って何だろう?

というわけで、皿うどん600円(税込)をオーダーしました。

長崎・三八ラーメン大浦支店の皿うどん

かなりのボリュームに見えましたが、ペロリと食べてしまいました!!

あっさり目の優しい味。次回があれば、ちゃんぽんも食べてみたいです。

カステラアイス 300円

軍艦島コンシェルジュのツアーの復路で船内で販売されていた、その名も「ガンショーくんのかすてらあいす」。

長崎・ガンショーくんのかすてらあいす

300円(税込)と、いいお値段です。

カステラにアイスが挟まっているだけのお菓子ですが、「旅行中だから買っちゃうかな」という感じ。

長崎・ガンショーくんのかすてらあいすの中身

普通に美味しいことは美味しいですよ。

ただ、軍艦島ツアーの後にグラバー園の坂を上っていったら、似たようなものが安く売られていてちょっと凹みました。

角煮まん 400円

長崎市内には角煮まんのお店がそこら中にありますが、今回は九州物産展でもよく見かける「岩崎本舗」の、グラバー園店で買い食い。

長崎・岩崎本舗 グラバー園店

想像通りの味です。角煮はプルプルで当然ウマい。

長崎・岩崎本舗の角煮まん

小腹が空いた時にちょうどいい感じ。お茶(タダ)も頂けるのが有り難い。

夕方4時頃だったこともあり、次々にお客さんが来ていました。

長崎・岩崎本舗 グラバー園店の店内

価格は400円(税込)と、ボリュームの割には割高。

観光客向けという感じですね。

Bread a espressoのパン 2つで480円

長崎の食べ物で最も満足した!と言っても過言ではない、人気パン屋さんのパン。

長崎・Bread a espresso外観

中華街近くの宿(ファーストキャビン長崎)から歩いて15分。

月曜日の朝8時頃に着きましたが、まだまだありました。

長崎・Bread a espressoの店内

買ったのは「アールグレイ」と、

長崎・Bread a espressoのアールグレイパン

「オリーブフロマージュ」。

長崎・Bread a espressoのオリーブフロマージュ

アールグレイの香りとパンのモチモチ感のすごいこと・・・!

あまりの美味しさに、お土産に買って帰りたいくらいでしたが、帰る日が火・水・木休みとちょうどお店の定休日に被ってしまっていたため、土産には買えず。

パンを食べてここまで感動したのはいつだったか?と思ってしまう位の美味しさでした。

もっと営業しててくれよー!定休日が多すぎだよー!

佐世保バーガー 788円

長崎市ではなく佐世保市の名物ですが、長崎駅ビルの「アミュプラザ長崎」の5階、「ブルズキッチン」で食べられました。

※ちなみに長崎駅2階のロイホでも1,200円位で食べられます。

長崎・アミュプラザのブルズキッチン

スープ付きランチで788円(税込)という、お得感の高い一皿。

長崎・アミュプラザのブルズキッチンの佐世保バーガー

「佐世保に行く時間はないけど、佐世保バーガーを食べてみたい」という方にぴったり。

ボリューム感があり、満足度は高かったです。スープはちょっとイマイチでしたが。

関連エントリー 長崎市で佐世保バーガーを食べられるのはロイホだけではない!駅ビル5Fの佐世保発レストランでお値打ちランチ発見

具雑煮 ランチのセットで1,100円

具雑煮は、長崎でも島原地方の郷土料理です。

眼鏡橋そばの「花ござ」さんに行きました。

長崎・めがね橋茶屋 花ござ

おすすめはセットランチの「花ござ弁当」とのことで、そちらをオーダー。1,100円(税込)。

長崎・めがね橋茶屋 花ござのランチ

ミニ具雑煮が付いてきます。これがほっこり美味しい。

長崎・めがね橋茶屋 花ござの具雑煮

野菜が多めで、非常に優しいお味です。

トルコライスのような重めのものを食べ飽きた時にいいかも。

コーヒー ケーキセットで750円

長崎はコーヒー伝来の地ということで、市内にいくつかコーヒー豆のお店があります。

その中のうちの一つ、浜の町アーケード近くにある「大和屋」さんが運営しているのが、アーケードから賑橋を渡った先にある「萌華 (もか) 」です。

長崎・萌華の外観

今回はケーキセット750円(税込)をオーダー。

長崎・萌華のケーキセット

コーヒーは注文してから挽いて淹れてくれるので、すごく美味しいですよ!

長崎・萌華の店内

お店のおじさまも気軽にトークをして下さり、一人でも楽しく過ごせました。

長崎・萌華の看板

ちなみに、ここの3階で福山雅治さんのお母様がカラーコーディネイト教室(だったっけな?)をなさっているそうです。

鯖サンド 378円

最後は長崎の新名物、鯖サンド。

鯖サンドについては、こちらのサイトで色々なお店を紹介してくれていますが、長崎を発つ直前に買えた駅ビルアミュプラザ1階の「ティアDELI」さんで購入。378円(税込)。

長崎・ティアDELIの鯖サンド(サバウェイ)

持ち運んでいる間にちょっとぐちゃぐちゃになってしまいました(´;ω;`)

が、肉厚の鯖フライの味は完璧。

長崎・ティアDELIの鯖サンド(サバウェイ)

が、サクッとした鯖と、マヨネーズ&ケチャップの酸味がベストマッチです。

ちょっとボリュームに欠けますが、また長崎に来たら食べてみたいですね。

長崎のグルメ 感想まとめ

一番満足度が高かったのは、まさかの「パン」!

あのアールグレイのパン、もう一回食べたい・・・。近くに住んでたら毎週間違いなく通うのに・・・。

三八ラーメンの地元な雰囲気も好きでした。お値段もお手頃で美味しかったです。

王道のちゃんぽんは食べませんでしたし、食べたかった吉宗の茶わん蒸しはお店が休みで食べられなかったしで、まだまだ食べきれていない長崎グルメがたくさんあります。

また長崎に行かねば!