最近は日本でもLCCが浸透してきたので、だんだんと安く飛行機に乗れるようになりました。

しかしながらLCCは基本的に近距離~中距離ですので、日本人に人気のヨーロッパやアメリカ方面は、地道にセール情報を探す必要があります。

旅行会社の格安航空券は、安いのか?

筆者は、基本的には各航空会社の正規割引券(PEX)を狙って買っています

なぜなら、旅行会社を通すと「発券手数料」として数千円取られることが多いからです。

正規割引券でも、旅行会社による格安航空券に劣らぬ金額で買える場合も多いので、希望の日程での価格を一度インターネットでチェックしてみましょう。

各社のメルマガに全登録!!

航空会社では各社、お得情報のメールマガジンというものを発行しています。

欧州行きやアメリカ行きでも、時々往復8万円程度で出たりする時がありますので、いくつかの航空会社のメールマガジンを登録しておくことをオススメします。

トルコ航空などは、時々ありえない金額のセールもしていたりします。欧州にも行けますので、常日頃からのチェックをしましょう!

DeNAのメルマガ情報も安い

また、DeNAトラベルのメールマガジンも、結構安い航空券情報が来ます。私が唯一登録している、航空会社以外のメルマガです。

結局燃油代などを加味すると、合計で表示価格+プラス5万円位にはなりますが、メルマガ限定・サイト非公開情報などもあり、登録していれば通常のメルマガ掲載商品よりも安い目玉商品が見られます。

しかし、メルマガの量が多すぎるのも玉に傷で、私にはいらないツアー情報も来たりします。その辺は自動でゴミ箱に入るようにフィルター設定をしたり、色々工夫も必要です。

LCCは、購入過程で加算される料金に注意

話題のLCCでも、よくセールを行っているのでチェックされている方も多いと思います。

しかし、LCCはチケットが安い分、預け荷物や座席指定で料金を加算させていますので、購入時には注意が必要です。

特に、購入の途中で、こちらが自発的に変更しなければ、「預け荷物料金」が加算されるようになっていたり、座席指定はスキップすれば無料なところを、まるで無料で自由に選べるように座席指定を促す画面になる場合があります。

LCC予約の受託荷物

ただし、預け荷物があるのに「受託荷物なし」を選択し、カウンターで「やっぱり預け荷物にしたい」となった場合、予約時よりも高い金額を請求される場合がありますので、こちらもご注意下さい。