海外旅行でのお金の持って行き方比較

スポンサーリンク

旅の一つの悩みどころが、どうやってお金を持って行くか。現金の他にも、お金の入手方法はいくつかあります。

それぞれに長所・短所がありますので、悪いところは補えるように組み合わせて持って行くのが一番です。

お金の持って行き方簡単比較

現金 クレジットカード 国際キャッシュカード
デビットカード
通貨の入手のしやすさ
両替場所には困らない

ATMでキャッシングが可

ATMで口座から直接出金
すぐに使える
クレジットカードOKの場所なら

VISAデビットなら、クレジットカード同様の機能
為替レート ×
換金は楽だが、レートは悪くボッタクリ両替商も

ショッピングの場合

発行銀行によりレート・手数料が異なる
安全性 ×
紛失したらまず戻ってこない

現地での再発行はカード会社による

現地での再発行は難しい

銀行やカードの種類によって、機能やレート計算が左右されるため、細かい計算はここでは出来ないものの、おおまかな特徴は表の通りです。

比較するとわかりますが、場面によって使い分けることが重要です

【関連エントリー】国際キャッシュカード比較

現金は必要最小限に

到着直後に使う分はあらかじめ両替をしておくのが通常ですが、何日分もの現金を持ち歩くのは危険ですし、そもそも換金レートはよくありません。

image-money-02

短期間の旅であれば、クレジットカード利用と最小限の現金両替、またはトラベラーズチェックを買って現地で換金したほうが、安全で損も少なくすみます。

長期間であれば、やはりクレジットカード払いと、トラベラーズチェックの1週間毎の換金などを組合せるのがいいと思います。

長期旅行ではレートの変動に注意

クレジットカードはその都度必要な分の買い物が出来る点で非常に便利です。ですが、旅行の間にレートが急激に上がる場合もあります。

image-money-01

その場合は、事前に両替しておいた現金のほうがレートが良かった、という風になる場合もあります。

長期で旅行する場合は、たまには為替をチェックをしながら、クレジットカードや現金を使い分ける方法が、より節約に繋がります。

デビットカードという選択肢

近年は、各銀行が発行している「VISAデビット」「JCBデビット」等の、国際ブランド付きのキャッシュカードがあります。

VISAやJCBが付いているので、店舗などでの買い物にもそのまま利用可能です。

【参考】国際キャッシュカード・デビットカード比較

つまり、キャッシュカードとクレジットカードの機能を足して2で割ったようなものと言えます。

クレジットカードのように店舗で使いながら、自分の日本の口座からATM出金できる()ので非常に便利なのですが、注意点もあります。

  • 利用時点と加盟店からの確定の売上情報到着時点との為替差から、後日差額の引落し(もしくは返金)が起こる
  • 利用前に「海外利用」設定が必要な場合あり
  • 盗難や不正利用対策がしっかりしているカードを選ぶ

※三菱東京UFJ-VISAデビットの場合、海外ATM利用手数料:108円/回(消費税込)、海外事務手数料:取引金額の3.0%

レート比較と手数料によるATM利用の上手な利用法は、こちらの記事「国際キャッシュカード比較」に書いています。

参考サイト