海外旅行にクレジットカードクレジットカードは現金がなくとも支払いが出来、ショッピングの際はレートがいいことはもちろんですが、海外旅行ではレンタカーなどの際の身分証明書の役割も果たします。

仕事を辞めて旅に出るなんていう私のような人は、仕事を辞める前に一枚は必ず作りましょう。

クレジットカードの特徴

メリット ・・・ 現金・T/Cが無くても買い物ができる・レートも悪くない・身分証明書となる。
デメリット ・・・ 作成には一定の審査を伴う。

海外旅行保険付帯一枚でいける?

クレジットカードと言えば、海外旅行保険付帯があるものが旅人には嬉しいですが、これがあるからと、海外旅行保険を全くかけないのは危険。

と言うのも、クレジットカード付帯の保険は、補償額があまり高くないからです。AMEXゴールドカードなんかは補償額も充分かもしれませんが・・・一般人にはそんなにご縁がない、と言うか、ゴールドカードの年会費を払うなら、普通に海外旅行保険を掛けた方が安いです(笑)。

クレジットカード比較サイトなどでは、「海外旅行保険付帯のクレジットカードを何枚も持てば、補償額を合算できる」とよく書いてありますが、確かにそうとは言えども「クレジットカードはそんなに持ちたくない」という方も多いはず。

最低一枚は持つとして、不安な部分は通常の海外旅行保険のバラ掛けでカバーするというのが、クレジットカードを沢山持ちたくない方にはちょうどいいのかなと思います。

身分証明書としてのクレジットカード

日本ではあまり浸透していませんが、海外ではクレジットカードは非常に強力な身分証明書として働きます。見ず知らずのガイジンである自分が、「私は支払能力がある」と相手に証明でき信用を得ることができる、唯一の国際的アイテムと言っても過言ではないでしょう。

私自身はあまりクレジットカード決済は好きではないので、海外に行っても極力T/Cを換金して支払いをしていますが、レンタサイクル・スキー用品をレンタルするといった身近なアクティビティの際に、クレジットカード番号も控えさせられました(パスポートの提示も)。

これは「故障や紛失の際にはきちんと弁償します」ということをお店に約束し信用を得てレンタルをさせてもらうためです。これがないと、現金をデポジットとして預けることになるか、借りられないかということになります。

ATMで現金も手に入る

国際キャッシュカードの使い方と似ていますが、クレジットカードで現金を引き出すのは自分の口座からではなく、借り入れ(キャッシング)となります。

利息が付きますので、帰国後すぐに返済をする等の工夫をすれば、国際キャッシュカードの手数料よりも安く済ませることもできます。海外で利用する前に、一度カード会社の利用案内をチェックしましょう。

利息の計算方法:

引出し金額×レート×融資利率(実質年率)×利用日から引落し日までの日数/365日

参考HP