旅の途中で「あーこんなんあったらいいのにな」と思って買ったグッズの一つ、Aigleのミニショルダー。

サブバックとして、カリマーのエアポートプロ70に装着されているリュックを使っていましたが、街歩きの時以外ではリュックでは少々不便を感じていました。

リュックしかサブバッグを持ってなかった時、観光中のよく使う物の出し入れと、特にホステルでの貴重品持ち歩きに不便していました。

自分のベッドに置きっぱなしなのは論外ですが、かと言ってロッカーに入れておくのも何か不安。パスポートはセキュリティーベルトで常に身に付けていますが、財布とデジカメについては結構困っていました。そこで、見つけたこのAigleのミニショルダーです。

Aigleのミニショルダーのポイント:必要なものだけ入ること

エーグルのミニショルダー中に入れたいものが貴重品(財布とデジカメ)だけなので、大きさはこれで充分。

Aigleのミニショルダーのスライダーにダイヤルロックなどをつければ防犯力もUPするので、外出時にも使えます。

しかしショルダーバッグやウエストポーチなどは「貴重品を入れている」目印となり標的になりやすいです。なので、ジャケットの下に隠すなどの工夫が出来れば、かなりスリは防げるのではと思います。

例えば観光中は出し入れが激しいデジカメも、ベルト通しに通してデジカメ専用ケース(でかいですが)にしたら、かなり楽です。

Aigleのこのミニショルダーを手に入れるまでは、リュックに入れてはファスナーをダイヤルロックをしていたので、その繰り返しの煩雑さからは開放されました・・・。

Aigleのミニショルダーの安心なポイント

エーグルのミニショルダーAigleのミニショルダーのメインポケットの中には、写真のようなキーリングがついていて、簡単に着脱できるようになっています。

これは重宝しているAigleのミニショルダーの一つの機能で、財布に紐をつけて、更にこのキーリングに繋げれば、スリの防犯力が更にUP。簡単には盗まれないでしょう。もちろんデジカメのストラップもこいつに繋げます。

ホステル生活では貴重品を身に付けてさえいれば、すられたりということはまずないと思いますが、買出しに出かけたりとかルームメイトと夜の街を観光するなど、ちょっと外に出ることもあるので、こういった機能があるのは助かります。

外側のポケット

Aigleのミニショルダーの2番目に大きい(と言っても小さいですが)外ポケットは、マジックテープで開閉します。これはかなりかんたんに開けられるので、貴重品は入れません。私の場合は、日常生活必須のリップクリームなどを入れてますね。

エーグルのミニショルダー日本で使う時は、ちょっとそこまで的な感じなので、携帯電話を入れています。

ちなみに海外では、私は携帯を持ったことはありません。

もちろんプリペイド携帯は海外にもありますが、どうもそこまでして持ちたいと思わないと言うか・・・、日本の携帯依存文化から開放されたいのかもしれません(笑)

Aigleのミニショルダーの便利な背面のベルト

エーグルのミニショルダーAigleのミニショルダーの最大の?特徴は、ベルト通しが背面についていて、ショルダー以外として使える点


エーグルのミニショルダー

このベルト通し、ホックで自由自在にアレンジ可能で、たとえば小物入れとしてメインのバックパックにつけたり、もちろんベルトに通したり、工夫次第で他のバッグに着脱可能なサブバックとして活用できます。


エーグルのミニショルダー下のホックだけが外れます。


エーグルのミニショルダー上と下のホックを留めると、こんな風になります。他のカバンにぶら下げたり。

ベルトを通すためだけのループも付いているのが便利。ただ、重いものを入れるとベルトが引っ張られますが・・・。こういうタイプはそういうものと、割り切っています。