横浜の一大メイン観光地、横浜中華街。

筆者も何度か訪れたことがありますが、四五六菜館の麻婆豆腐、めちゃくちゃ美味しいですよね~!

今回はここ「グローバルキャビン横浜中華街」に1泊して、ゆっくり横浜ベイエリアを観光しました。

感想としては、めちゃくちゃリピートあり!綺麗でロケーションも抜群、言うことなしです。

(宿泊時期:2020年3月)

場所は関帝廟の目の前!

JR根岸線の「石川町」駅から徒歩5分程度。

中華街のシンボル的存在「関帝廟」の目の前に、「グローバルキャビン横浜中華街」はあります。

グローバルキャビン横浜中華街の外観

夜には関帝廟のライトアップが目の前に。

グローバルキャビン横浜中華街の前にある関帝廟
豪奢で美しい「関帝廟」

中華街の東側エリアなので、元町へも徒歩10分程度と近いです。

逆に、みなとみらいに行く場合は少し距離がありますので、みなとみらい線かJR根岸線でアクセスしたほうがいいでしょう。

キャビン内は快適!

今回は、女性用キャビンに宿泊。

グローバルキャビン横浜中華街の客室

よくあるカプセルホテルに比べると、たたみ1畳ほどの立つスペースがあり、着替えや荷物の整理が非常に楽です!

グローバルキャビン横浜中華街の客室内

キャビンの中には姿見と、メイクにも使える拡大鏡もありました。素晴らしい心遣い!

グローバルキャビン横浜中華街のキャビン内設備
左にはワイヤーロック、右にティッシュと拡大鏡

その他、スリッパ靴べらもありました。

ベッドスペースにはテレビがあり、イヤホンを繋いで視聴可能です。

イヤホンはキャビン内に用意されているので、持っていなくても大丈夫!

グローバルキャビン横浜中華街のキャビン内のコンセント
枕元には通常コンセント×1 + USBコンセント×1があります

キャビンは完全な密室ではなく、入り口上部は壁がないので、音が筒抜けになりやすいです。

無料の耳栓やノーズクリップも用意されているので、利用させてもらいましょう!

グローバルキャビン横浜中華街の耳栓・ノーズクリップ
ちなみに、アイロンとアイロン台もあります

タオル3枚、館内着も用意

キャビン内には館内着と、バスタオル・フェイスタオル・ハンドタオルの計3枚のタオルが用意されています。

グローバルキャビン横浜中華街の館内着
右にかけられているのが館内着

タオルはメッシュバッグに入れてくれてあるので、シャワーやお風呂を使う場合にもとても有り難かったですね。

グローバルキャビン横浜中華街のタオルセット

セキュリティ的にも安心への配慮あり

以前宿泊した那覇の「グランドキャビンホテル那覇小録」では鍵がかけられましたが、こちら「グローバルキャビン横浜中華街」では、法律上の理由で鍵はかけられません。

グローバルキャビン横浜中華街の姿見
キャビンに鍵はかけられない

ただし、キャビン内にはナンバーロック付きの棚と、荷物を繋げられるワイヤーロックが用意されています。

グローバルキャビン横浜中華街のセキュリティボックス
セキュリティボックスはそこそこの大きさがあり◎

ちなみに、エレベーターはICチップ付きのリストバンドをかざさないと、宿泊階には停まらない仕様で安心です。

貸し切り風呂で足が伸ばせる!

こぢんまりとしたホステルも出会いがあっていいのですが、国内でキャビン型ホステルの泊まる理由の一つがお風呂。

この「グローバルキャビン横浜中華街」には、大浴場はない代わりに、貸し切りのお風呂が2つ(ファミリーフロアにも更に1つ)あります。

グローバルキャビン横浜中華街の貸切風呂
貸切風呂「ゆらぎ」畳敷きで優しい足触り

私は上記写真の「ゆらぎ」を使ってみましたが、畳敷きが新鮮なお風呂で、とてもゆったり出来ました。

お風呂の温度は熱めの42度だったので、外国の方には熱すぎるかもしれませんね(私も自宅では40度です)。

もうひとつのお風呂は、湯船が2人程度までのサイズの「りらく」。

グローバルキャビン横浜中華街の貸切風呂
貸切風呂「りらく」濁り湯のお風呂

にごり湯なので、お肌に良さそうなイメージ。

どちらの風呂も内鍵をかけて利用するタイプで、誰かが利用中の場合は風呂の外で座って待つことになります。

旅行中に大きいお風呂に入れるのは有り難い!もちろん、宿泊フロアにはシャワーもあります。

アメニティも超充実

ホテルのドーミーインのチェーンでもあることもあり、やはりアメニティはしっかり揃っていました。

グローバルキャビン横浜中華街のアメニティ

洗顔や化粧水はPOLA、歯ブラシや髪ブラシ、男性用トニックなども設置されており、着替えさえあれば手ぶらで泊まれます

グローバルキャビン横浜中華街のアメニティ

宿泊フロアの洗面スペース、地下1階のお風呂ともに、アメニティが設置されています。

バックパッカーとして安宿に泊まり慣れている私ですが、ホステルではタオルはもちろん、石鹸やシャンプーなど全て持参が普通。

このように全て揃っている安宿には、高いコスパ感を禁じ得ません!

洗濯機は洗剤付きで無料!

長期滞在に欠かせないのが、洗濯機と乾燥機の存在。

こちらの「グローバルキャビン横浜中華街」では、洗濯機の使用が洗剤付きで無料です。

グローバルキャビン横浜中華街の洗濯機
洗濯機は同フロアの洗面スペースの奥にありました

乾燥機は20分100円。

ホテルと違い、個人スペースに干す場所はほぼないため、洗濯をしたら必然的に乾燥機も使うことになります。

それでも、洗濯機が無料というのは大きいですね!

朝食も予約可能

今回の予約では「朝食付き」で予約していたのですが、新型コロナウイルス(COVID-19)の予防のため朝食ビュッフェが一時休止となり、朝食代800円が返金されました。

グローバルキャビン横浜中華街のフリースペース

その代わり、翌朝には無料でパックのスムージーが配られました。

グローバルキャビン横浜中華街のスムージー

同系列のドーミーインでも販売されている、THE TOKYO SMOOTHE(ザ・東京スムージー)というブランドのもの。

ちょっと高級な「野菜生活」というお味で、とても美味しかったです。

珈琲やお茶はセルフサービスでいつでもOK

朝食サービスは休止中でしたが、お茶や珈琲はセルフサービスでいつでもOKでした。

グローバルキャビン横浜中華街の珈琲マシン

夜には「ご麺なさい」というオリジナルのカップ麺も無料で提供されているとのこと。私は中華街で食べ過ぎた為に食べませんでしたが、好評だそうです。

有名店「馬さんのお店 龍仙 本店」も徒歩1分

ホテルの朝食が一時休止になったため、今回はすぐ近くの「馬さんのお店」へお粥を食べに行きました。

グローバルキャビン横浜中華街からは、徒歩1分の近さ。

横浜中華街 馬さんのお店 本店

おかゆ屋さんは他にもありますが、「馬さんのお店」は朝7時から営業しているので、開店を待たなくてもすぐ行けるのが嬉しいです。

今回は海鮮粥をオーダー。

横浜中華街 馬さんのお店のお粥
「海鮮粥」税別750円

前日に色々なグルメを楽しんで疲れた胃に、じわっとくる優しいお味です。

ただ、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で、ここもお客さんが少なくちょっと寂しい感じでした。早くいつもの賑わいが戻ることを祈ります。

グローバルキャビン横浜中華街 感想まとめ

アクセス良し、設備もキレイでアメニティも完璧。

部屋はそりゃホテルに比べたら狭いですが、これで3,000円程度なら言うことなし。

関内へも電車で1駅、宿泊者用レンタサイクルもあるようでしたので、横浜ベイスターズの試合観戦にも使えそうです。

さすが、大手ホテルチェーンの宿。ホステルのような出会いはありませんでしたが、ちょっと寝るだけならいいですね。

ちなみに、10時~15時は清掃のため退室の必要があるので、連泊の方はご注意下さいませ。

関連リンク