【宿泊レポ】Anker Hostel – ノルウェー・オスロ

スポンサーリンク

ノルウェーの首都、オスロのホステルです。かなり大きいですが、シーズン前の5月でも予約はいっぱいで、飛び込みの宿泊客を断っていました。予約をしていったほうがよいと思います。

hostel-anker-oslo2

鉄道駅までトラムで10分程度と、アクセスはまずまず。(宿泊:2010年5月)

Storgata 55, Oslo
+47 22 99 72 00

キッチンは微妙

キッチンは部屋の中にありますが、私が宿泊した時は同部屋のグループ客に占拠され、あまり使えませんでした。

hostel-anker-oslo5

キッチン用品・洗剤は、フロントで150NOK(宿泊当時)をデポジットにして借り、部屋に持って行って使います。ちょっと面倒臭いです。

しかも、油や塩・こしょうはありません。かなり致命的です(今は変わったかわかりませんが)。

部屋で調理して食べるので、開放的なキッチンで他のバックパッカーと楽しく食事・・・は出来ません。

ノルウェーはとにかく物価が高いのでなるべく自炊したいところですが、キッチンに難有りです。

水周りは普通・・・

シャワー・トイレも部屋の中にあります。8人部屋ですと案の定取り合いに・・・。

hostel-anker-oslo6

シャワーは簡易的なカーテンで仕切るだけですので、シャワーを浴びるとトイレも水浸しになります。

清潔度は、同部屋の人の清潔感に左右される部分も大きいです。水浸しのバスルームに土足で入られると、一気にがっかりなバスルームになります・・・。

シーツは有料

このホステルを含め、北欧のホステルは、シーツは有料のところが多いので、色々な所へ周るのでしたらシーツは持って行きましょう。

hostel-anker-oslo4

※私は出発前に、布を買ってミシンで縫って自作しました。

ベッドは木製で、パイプベッドのようにミシミシ言わないので良かったです。

Anker Hostelの感想まとめ

フロントは開放的で、色々な国の旅人と交流できましたが、キッチンが部屋の中にあるため、一緒に食事をして仲良くなったり・・・ということがなく、ちょっと残念でした。

hostel-anker-oslo3

中央駅までトラムで10分程度と、アクセスも悪くないので、観光には便利だと思います。

もう一方のYHA(ユースホステル協会)所属のホステルの方が、朝食付きでよかったという噂も耳にしましたので、もし次にオスロに行く機会があれば、そちらも行ってみたいです。

関連リンク