【フランス旅行記】断崖絶壁の「ロカマドゥール」観光!要塞みたいな教会に圧倒される

スポンサーリンク

フランスの友人に、中世の雰囲気が残る小さな村ツアーに連れていってもらいました!

今回は「ロカマドゥール」という村です。「地球の歩き方 フランス」にも載っているので、日本人にも人気かも?

断崖絶壁の絶景はこのポイントから!

トゥールーズから車で1時間半、ロカマドゥールの街並みを一望出来るビューポイント「ロスピタレ(l’Hospitalet)」という村に到着。

絶景!にも関わらず、ほとんど人がいなくて写真撮り放題!

ロカマドゥールの全景

崖にはりつくように建つ町と教会。昔の人よ、よくこんなところに村を・・・。

「ロスピタレ(l’Hospitalet)」の村には、無料の駐車スペースもあるので、ここに車を置いて歩いてロカマドゥールに向かいます。

歩いて村までのんびりと

ロスピタレの村からロカマドゥールまでは、崖の上からアクセスするのが平坦で楽ですが、今回は坂道を下って行きました。

ロカマドゥールへの道路

が、この下り坂コースは歩道がないのでオススメしません(歩いてみてわかった)。

歩いて15分、町の入り口に到着。

ロカマドゥールの村の入り口

日曜日ということもあってか、観光客で賑わっていました。

ロカマドゥールの村の中

奥の崖の上に見えるのが、「サン・ソヴール教会(Basilique Saint-Sauveur)」です。

散策しながらこの教会に向かいます。

要塞のようなサン・ソヴール教会

ロカマドゥールの「サン・ソヴール教会(Basilique Saint-Sauveur)」は、ユネスコの世界文化遺産に登録されてます。

教会内部に行くために、なかなか険しい階段を登っていくこと数分。

ロカマドゥールのサン・サヴール教会への階段

ようやく、教会の入り口がある広場に到着しました。

ロカマドゥールのサン・サヴール教会前の広場

こんなに階段を登って入り口まで行く教会は、初めてですね・・・。

サン・ソヴール教会は、13世紀に建立。ロマン形式で、二つの本堂があるのが特徴。らしい。

ロカマドゥールのサン・サヴール教会のチャペル

こちらは小さい方のチャペル

とにかくこの断崖絶壁に建てたなぁと、圧倒されてしまいます。

ロカマドゥールのサン・サヴール教会の入り口

ラッキーなことに?結婚式に遭遇。

ロカマドゥールのサン・サヴール教会の入り口前広場

新郎は軍人さんのようで、本物のサーベルを下げている新郎のご友人方に、ちょっとビビリました・・・(;^_^A

チーズも美味しいよ

ロカマドゥールと言えば、村の名前がそのままつけられたチーズもあります!

途中のスーパーで購入して、試食。

ロカマドゥールのチーズ

ヤギのチーズですがあまりクセがなく、あっさりしていて食べやすいチーズでした。

ロカマドゥールに行かれたら是非!

ロカマドゥール観光 感想まとめ

可愛らしい小さな村と、荘厳で迫力のある教会が対照的な、とても魅力的な村でした。

サン・ソヴール教会が世界遺産ということもあり、観光客はかなり多かったです(5月の土曜日に来訪)。夏の観光シーズンはもっと混んでるかも?

トゥールーズを拠点にすれば、他の村を周っても日帰りも可能です!