シラクーサは、シチリアの南東部にある小さな町です。

ギリシア遺跡がある新市街と、新市街とは小さな橋で繋がっている島「オルティージャ島」に旧市街があり、それぞれ見どころが違います。

鉄道駅やバスターミナルは新市街にあり、オルティージャ島までは歩いて20分程度です。

小さな島に向かう

今回はバスターミナルと鉄道駅にほど近い「LoL Hostel」に宿泊。

シラクーサLOL hostelの外観

予習を一切してこなかった私は、フロントのスタッフさんに

「オルティージャ島にカテドラルと美味しいお店があるよ」

と聞き、到着してすぐに、「まずはそこへ行くか」と歩いて行きました。道は平坦でまっすぐです。

シラクーサの街中

5月の中旬でしたが、既にかなり暑かったです。

旧市街の遺跡

オルティージャ島への橋を渡ると、まず見えてくるのがアポロ神殿(Tempio di Apollo)。

特に柵や入口などがあるわけではなく、いきなり道の途中にどーん。

シラクーサのアポロ神殿

ウィキペデアによれば、

東ローマ時代にキリスト教教会に、アラブ人支配時代にはモスクとなった。ノルマン時代には再びキリスト教教会になり、スペイン支配下で兵舎に転用される。近代の都市整備で一帯を埋めていた中世の建物が撤去され、再発見される。

だそう。

生活の中に普通にこういった遺跡があるなんて、さすがイタリア。

更に町を散策します。

大きな噴水があったり。

シラクーサの旧市街の噴水

雰囲気のある路地に入ったり。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)

カテドラルは2ユーロ

旧市街をどんどん奥に入っていくと、広場に出ました。カテドラルです。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)のカテドラル

さすがの人だかり。修学旅行生と見られる集団が非常に多かった(5月中旬)。

カテドラルは有料で、2ユーロ払って入場。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)のカテドラルの内部

中は至って普通。

というか、欧州で教会を色々見るけど、ぶっちゃけ違いはよくわかっていない。

実はこのカテドラルの下には防空壕のような地下道があり、そちらのほうが見学のしがいがありましたよ(後述)。

カラヴァッジョはタダ

もう一度広場に出てきました。

大きな広場とカテドラルに見劣るかもしれませんが、実は隣のこじんまりとした教会に、カラヴァッジョがあります。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)のカラヴァッジョのある教会

しかもタダ!ただし写真撮影は禁止でした。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)のカラヴァッジョ

カラヴァッジョあるよ、のプレート

カテドラルの散策ついでに、見に行ってみましょう♪

地下道散策も穴場

オルティージャ島の見どころもこんな感じで終わりかな、と思った時、ストリートミュージシャンのイタリア人のお兄さんに

「そこの地下道は絶対見た方がいい!」

と言われ、その気はなかったもののとりあえず行ってみることに・・・

入り口は、カテドラルとカラヴァッジョの教会のちょうど間。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)の地下道の入り口

入場5ユーロで、英語のガイドさんがマンツーマンで案内してくれました(ガイド料と思ったら安い・・・)。

ひんやりとした地下道は、オルティージャ島の歴史を学べるちょっとした博物館に。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)の地下道内

暗いのでブレブレですみません

オルティージャ島がどのように発展していったのか、細かくガイドさんが説明してくれます。

中にはキッチンがあったりと、戦時中の生活が偲ばれました。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)の地下道内

天井の空気穴(上を見上げていると思って下さい)

出口はアレテュサの泉と呼ばれる遺跡のすぐそば。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)の地下道の出口

ここから歩いて公園を通り、新市街の宿に戻りました。

シラクーサの旧市街(オルティージャ島)の公園

シラクーサ旧市街の観光 感想まとめ

かなり小さいので、新市街のギリシャ遺跡と合わせても、1日で観光出来てしまいます。

ただ、5月の観光ですでに非常に暑かったので、夏の炎天下で歩き続けるのは厳しいかも。

カテドラルの前ではオペラのストリートパフォーマンスがあったり、いかにも「旅だー!」な感じを楽しめた1日でした。