【イタリア旅行記】ミラノ観光に飽きた?ミラネーゼのオススメ、いつもと違う観光スポット4つ紹介!

スポンサーリンク

人生4回目のミラノ上陸です。

ミラノには友人がいるので、何度か気軽な感じで立ち寄っています。

しかし、4回ともなるともう観光する場所もほぼなくなります。ドゥオーモの前で写真撮りまくっている観光客を見ると「あー、はいはい」な感じですw

今回は、ミラネーゼの友人が色々とプランを立ててくれ、海外の観光客があまり行きそうにないところに案内してくれました!

イタリアの食が一堂に集まる!EATALIY(イータリー)

イタリア食材のショッピングを楽しみつつ、上の階のレストランでは食事も楽しめる、ちょっとした食のテーマパーク?的な施設です。

0階(日本式の1階)が生鮮食品やお菓子などのショッピングエリア。

ミラノのEATALYの内部、地上階

1階がパスタのレストラン、2階が肉&魚のレストランです。レストラン階では、ワインやリキュール売り場もあり。

ミラノのEATALYの上の階のレストラン

私たちが行ったのは日曜日でしたが、ものすごく混雑していました。レストランも大行列で、しばらく案内板の前で待ちました。

ミラノのEATALYの2階のレストランで順番待ち

私はよくわからない(笑)白身魚をチョイス。

ミラノのEATALYで食べた白身魚

日本人なら魚の味に超敏感だと思いますが、このお魚、冷凍ではなく生の魚を調理してくれていたので、超美味しかったです!

料金も一皿15~30ユーロ程度とお手頃で、家族連れもたくさん来ていましたよ。

食後はバーでエスプレッソも頼めます。

ミラノのEATALYのカフェバー

このEATALY(イータリー)は、ワインやオリーブオイルはもちろん、チョコレートなども売っているので、お土産探しにもばっちり。

ちなみに日本にも、日本橋三越などに店舗があるそう。

ミラノの街並みを一望 Belvedere Palazzo Lombardia

ミラノの新名所、と呼ばれているかどうかは定かではありませんが、ミラノを一望出来る展望台があります。

「2012年 ヨーロッパの最優秀高層ビル」に選ばれたこともあるという、ロンバルディア州の州庁舎。

ロンバルディア州の州庁舎

39階(日本式で40階)の展望台に、完全無料で入場可能です!!

N1の入り口から入場します。

Belvedere Palazzo Lombardiaの入り口

入り口でセキュリティチェックを受けて・・・

Belvedere Palazzo Lombardiaのセキュリティチェック

案内されるまで、エレベーターを待ちます。

Belvedere Palazzo Lombardiaのエレベーター待ち

エレベーターは39階までたったの24秒(係員さん談)で到着。体感的にはもっと早く感じました。

Belvedere Palazzo Lombardiaのエレベーター

この日はあまり天気は良くありませんでしたが、天気が良ければ山もきれいに見えるんでしょうね~。

中央駅からも近く、徒歩圏内にあります。EATALIAと中央駅のちょうど中間くらいです。

ガーデン マンション?

ちなみに、この展望台から見えるガーデン マンション(正式名称不明。ベランダが完全に緑の庭になってる)も、ちょっとした観光ポイントかも?

Belvedere Palazzo Lombardiaから見たガーデンマンション

展望台からは、歩いて5分程度です。

ミラノ中心部にあるガーデンマンション近影

ミラネーゼの友人曰く、「このマンションに住むには植木屋さんを部屋に入れて常に手入れをしなければならない」という規則があるそうです。

つまりは金持ちの象徴なんだとか・・・。

ポルタ・モンフォルテ周辺のアールヌーヴォー建築群

ミラノ市立自然史博物館からポルタ・モンフォルテ(Porta Monforte)地区の間のエリアに、戦争中の爆撃を逃れた、豪奢なアールヌーヴォー建築がたくさんあります。

ミラネーゼの友人が、市内ガイドの勉強をしたこともあったそうで、ここも見どころの一つだと案内してくれました。

ポルタ・モンフォルテ地区のアールヌーヴォー建築

今は銀行になってるらしい(私の記憶が正しければ)

ほとんど私有地なので中に入ることは出来ませんが、晴れた日に観光地を避けてお散歩するのにいかがでしょう?

ポルタ・モンフォルテ地区のアールヌーヴォー建築

ポルタ・モンフォルテ地区のアールヌーヴォー建築

ポルタ・モンフォルテ地区のアールヌーヴォー建築

ポルタ・モンフォルテ地区のアールヌーヴォー建築ポルタ・ヴェネツィア(Porta Venezia)を北に少し行ったところにあるパニーニ屋さん「Panino Guisto」のビルも必見。ミラノのパニーニ屋さんの建物のミュシャ風ファサード

ミュシャ風絵画がファサードに施されているアールヌーボーな建物で、こちらも非常に美しいです。

ポルタ・ヴェネツィア(Porta Venezia)は、ベネチアに通じる道への門だったんでしょうかね。こちも「門」というよりは「小さな神殿」のようです。

ミラノのポルタ・ヴェネツィア

ライナーテのヴィラ Villa Borromeo Visconti Litta

こちらはミラノから車で15分程度。ライナーテ(Lainate)市にある、貴族のお屋敷(ヴィラ)です。

完全予約制で、以下のサイトから予約が出来ます。

http://www.villalittalainate.it/en/

このヴィラは、ただのヴィラとは違います。それは・・・

水が飛び出まくる!!

Villa Borromeo Visconti Littaの内部

風見鶏から水ピューピュー

Villa Borromeo Visconti Litta

地面から水ピューピュー

Villa Borromeo Visconti Litta

この部屋では雨のように上からシャワーが出る仕掛けが

お水は何人か(7人だったかな?記憶あいまい)の係のおじさんたちが、当時のポンプシステムをそのまま使って、出したり止めたりしているそう。

普段は建物の見えないところにいて、観光客が来たら「ピューっ」と水を出します。こっちは何も知らないので超びっくりします(笑)。

ガイドさん曰く、かつて「水は富の象徴」だったそうで、水をコントロールすることでこの家は力を見せつけていたそうです。

Villa Borromeo Visconti Litta 貯水タワー

貯水タワー

かれこれ1時間半弱、ガイドさんがゆっくり案内してくれるので、かなり満足度高し!!

ただ、ガイドさんは最初「英語でもOK!」と言ってくれていたのに、いざツアーが始まると途中で英語は諦めたか殆どイタリア語に・・・。

Villa Borromeo Visconti Litta

豪華なお庭にあった噴水

一緒に行ったミラネーゼの友人が所々通訳してくれました・・・(;^_^A

ミラネーゼがオススメ、いつもとは違う観光スポット まとめ

やれドゥオーモも、やれスカラ座も、もちろん最初はいいですが、何度目かのミラノ訪問にこんなスポットは如何でしょう。

普通の観光客は行かない、地元の人たちが行くような観光スポットなので、(EATALIYは別だけど)混雑もしていなくて、何より「観光観光」していないところが嬉しいです。

新しい視点で楽しめるミラノの観光スポット、是非チェックしてみて下さい♪