バックパッカーの悩み、それは「洗濯」。

最初から洗濯をすることを初めから頭に入れておけば、荷物のメインでもある服の数も減らせるので、全体の荷物の量が減ります。

ユースホステルであれば洗濯設備が整っているところも多いです。

洗濯設備がなかったとしても、旅人が多い街ならホステルのスタッフが最寄のコインランドリーを教えてくれます。

海外でのコインランドリーの相場は?

日本でもコインランドリーが普及してきたので、システムはご存じの方も多いと思います。

洗濯機と乾燥機、支払いが別々です。

イマノ大阪心斎橋ホステル 洗濯機

先進国なら洗濯機は1回数百円、乾燥機は10分単位で100円~が多いですね。

アジアではもっと安いのかもしれません。

例えば、カナダではホステルでの洗濯機が高くても2~3ドルで、フランスでは6ユーロ位でした。

洗剤はどうする?

洗剤が込みになっているコインランドリーやホステルも増えてきたので、なくても大丈夫ですが、数回分の粉洗剤があると安心

有料でも1回分で100円もしないでしょう。

少量で洗濯が済み、すすぎ不要な以下のような洗剤もあります。

海へ 詰め替え2個セット

1回分が5mlでいいので、例えば1ヶ月の旅で4日毎に洗濯をするとすれば、多めに見積もって8回分でも40ml。

粉の合成洗剤を持っていくより軽い!しかも、かさばらない!という訳で、私は次の長旅にはこれを小分けして持っていこうと思っています。

洗濯の頻度は?

私の場合、洗濯は3日に1回を目安にしています。

ガンガン歩き回ると疲れるので、洗濯日はのんびりと過ごします。

グダニスクのコインランドリー
グダニスク(ポーランド)のコインランドリー

ホステルに洗濯機がないこともあるので、その時はコインランドリーに行きがてら、待ち時間にカフェでゆっくりしますね。

洗濯紐やミニ物干しがあればより便利

靴下や下着類など、手で洗えるものはこまめに洗って紐などを使って干せば、毎日清潔ですし、荷物ももっと減らせます。

ホステルの部屋でミニ物干し

ドミトリーのベッドが下段であれば、上のベッドの底(自分にとっての天井?)に掛けますし、上段になってしまっても、梯子に掛ければOKです。

自転車の荷台ロープや小さい物干しなど、100円均一でも買えます。

コンサイス N洗濯セット

荷台ロープであれば、フックがついているので、部屋の手すりにひっかけたり、窓の柵にひっかけたりできます。フックが無くても紐の結び方を覚えておけばOK。

参考 ロープの結び方 自転車の荷台に荷物を積む(コメリドットコム)

洗濯用バッグもある

以前レビューを書きましたが「スクラバ ウォッシュバッグ」という、便利な携帯洗濯バッグも存在します。

スクラバウォッシュバッグの洗濯の方法:口を閉じる

関連リンク スクラバウォッシュバッグを一人旅で使ってみたレビュー!

洗濯は便利に出来るのですが、問題は脱水

この時は、脱水に車用の超吸水タオルを使いましたが、感覚的には洗濯機の50%位しか脱水出来ず、乾くのに時間がかかりました。

ただ、物価の高い国では洗濯費用の節約になりますし、ドイツなどコインランドリーが少ない国では重宝しましたね。

旅の間の洗濯:まとめ

洗濯をすれば荷物は少なくなります。

しかしその分、旅の間の洗濯の悩みが増えます。

移動日や、その宿に何泊するか、洗濯のタイミングを考えながら旅行計画を立てるのも、なかなか重要です。

粉洗剤は小さなタッパーやジップロックに入れると◎!ですよー。