【台湾旅行記】台南の帆布ショップ巡り!有名4店+αでお気に入りをゲット

スポンサーリンク

台南と言えば、帆布カバン。

京都で言う「一澤帆布」のような、帆布製のバッグや小物を作っている老舗がいくつかあります。

レトロで可愛いアイテムばかりで、女子なら迷うこと間違いなしです。

基本的にすべて徒歩で行ける範囲にあるので、「今日の午後は帆布やさん巡り」と決めて、半日くらいかけてお店をはしごするのもオススメです。

台南の有名店は4つ+α(アルファ)!

台南で帆布バッグ巡りをする時に、よく名前が挙がるのが以下の3店舗。

  • 合成帆布行
  • 永盛帆布行
  • 清隆帆布行

くまなくチェックするなら、以下の2つのお店にも!

  • 廣富號
  • 林百貨

というわけで、合計で5店です。

林百貨は、いわゆるセレクトショップ的な小さなデパートですが、帆布バッグメーカーとの限定コラボ商品があったりするので要チェックです(後述します)。

というわけで、帆布ショップ巡りにレッツゴー!

合成帆布行

まずは、合成帆布からスタート。

歩道の反対側から見ると、レンガ色に塗られた建物が目印です。

台南・合成帆布の外観

台南・合成帆布の外観、近影

私が行ったときは、日本語が堪能なおばあちゃんと、娘さん?が対応してくれました。

台南・合成帆布のお店

カラフルな帆布に、シンプルデザイン。どれも可愛い!やばい!

台南・合成帆布の店内商品小物

価格帯は、ペンケースなどの小物は150TWD(約550円)~、トートバッグは600TWD(約2,200円)~くらい。

台南・合成帆布の店内商品

私はここで、友人へのお土産に、小さなポーチ(150TWD/約550円)を購入。

台南・合成帆布の店内商品

作りがしっかりしていて、小さいながらも中に更にポケットがある、便利なポーチです。

台南・合成帆布で購入したポーチ

ファスナーはもちろん安心のYKK。

台南・合成帆布で購入したポーチの内側

おばあちゃんに「この商品のこの色ありますか?」などと聞いたりして、日本語で対応して頂きました。

他の帆布バッグメーカーに比べ、小物がすごく充実している印象。

お土産探しにもオススメです!

永盛帆布行

次に、担仔麺で有名なレストラン「度小月」のすぐ隣にある、永盛帆布行へ。

台南・永盛帆布の外観

永盛帆布行では、トートバッグが充実しています。

台南・永盛帆布のショーケース

逆に、合成帆布のような小物は見当たりませんでした。

台南・永盛帆布の店内、トートバッグの山

ここでも、日本語が超ペラペラなおばあちゃんが対応してくれました。

が、他に客がなく、結構押しが強くて、買わずには外に出られないような雰囲気に・・・(^_^;

台南・永盛帆布の工房

価格帯としては、650TWD(約2,400円)~950TWD(約3,500円)と、モデルにより違います。

シンプルなものは安く、ショルダー兼用タイプだと900TWD~となるようです。

結局、奮発して950TWD(約3,500円)のトートバッグを購入!

台南・永盛帆布で購入したトートバッグ

ショルダー兼用ではないのですが、持ち手の赤と青のコードがちょっと特別な光沢感があるもので、中もポケットが充実しているモデルのようです。

台南・永盛帆布で購入したトートバッグの中

↑A4サイズのファイルが余裕で入ります。

おばあちゃんに「これは最後の一個だよ!あんたにはこれが合う!」と激押しされました(笑)。

何気にリベットボタンも凝っていて、使いやすそうです!

台南・永盛帆布で購入したトートバッグのリベットボタン

バラマキ土産には高すぎますが、自分や家族用、お世話になっている上司などへのちょっといいお土産に良さそう。

清隆帆布行

既に色々買ってしまいましたが、更に清隆帆布へ脚を運びます。

台南・清隆帆布の外観

・・・が。

これと言って、気に入る感じのバッグは見つからず。

さすがに買わずに写真だけというのも気が引けて、そそくさと帰りました。

おじさんが二人、店番をしていらっしゃいました。日本語は通じませんでしたが、感じは良かったです。

廣富號

廣富號は、上記3店とは少し毛並みが違う、言ってみれば「イマドキの」帆布店です。

工房と店舗が一緒になった上記3店と違い、日本のお店のように、店舗のみを展開しています。

台南市内には3店舗あり(2018年時点)、私は林百貨から徒歩で行ける「忠義店」に行きました。

台南・廣富號 忠義店

ペンケースで450TWD(約1,670円)~と、レトロな帆布店とは価格のランクが違います。

台南・廣富號忠義店の店内

確かに、裏に防水加工をするなど、手間はかかっているのですが、

「これじゃ日本で買うのとあまり変わらないな」

と感じ、何も買わずに帰りました。

台南・廣富號忠義店の入り口

洗練されすぎていて、先に行った合成帆布や永盛帆布のような素朴さがないのが、ちょっと求めているものと違った感。

私が行った時にいたお店の方は日本語は話せませんでしたが、英語はペラペラで会話は問題ありませんでしたよ。

林百貨

最後は、台南のシンボルの一つでもある、林百貨へ。

台南・林百貨の外観

このお店の2階に、帆布グッズコーナーがありました。

「林印象帆布系列」というオリジナル商品(廣富號とのコラボ?)。

台南・林百貨の帆布バッグコーナー

合成帆布とのコラボ商品もあります。

台南・林百貨の帆布バッグ、合成帆布コラボ

その他、「蘑菰 MOGU」という台北の?帆布ブランドの商品もありました(廣富號と同じ新興ブランドで、価格お高め)。

私はここでは、上の写真にもある「我是台南人」のバッグを購入。定価は390TWD(約1,450円)と記憶。

台南・林百貨で購入した我是台南人バッグ

林百貨では、VISAカードで払うと5%OFFとなるそうで、371TWD(約1,400円)になりました。

台南・林百貨でVISAカード5%OFF

A4ファイルがちょうど入るサイズで、おけいこバッグ的な感じです。

合成帆布のタグも中についています。

台南・林百貨で購入した我是台南人バッグの合成帆布タグ

このバッグは、合成帆布の店舗では飾ってあるだけで売っていないので、台南の帆布めぐりをされる方は林百貨も要チェックです。

台南の帆布バッグめぐり 感想まとめ

どれも可愛くてそこそこお手頃なので、買いすぎ注意!(笑)

私が気に入ったお店は、やはり実際に購入に至った、

  • 合成帆布行
  • 永盛帆布行
  • 林百貨

の3つですね。

レトロなお店では現金払いのみ!

合成帆布と永盛帆布では、支払いは現金のみでした。

清隆帆布では買っていませんが、雰囲気的にも恐らく現金払いのみなんじゃないでしょうか?

林百貨ではカードOK、更にVISAなら5%OFFになりました。

帆布屋さん巡りでがっつりお買い物をされる時は、しっかり現金を用意しておきましょうー!