英語で参加のツアーは安い!

スポンサーリンク

海外現地ツアー現地の会社、ツアー企画のメリット、それは・・・日系の旅行会社の同じツアーよりも、安い!

殆どは日本語対応はしていないのが難点ですが、英語が多少理解できる方には、日本語ツアーに比べて非常に安くなるのでおすすめです。

どのくらい安いのか、一例ですが比較してみます。

日系会社との比較一例

例えば、メキシコのチチェンイツァー遺跡ツアー(カンクン発着、送迎・入場料・ガイド・ランチ込み、ほぼ同条件で比較)2013年7月11日の時点では、値段設定は以下のようになっています。

HIS(カンクン支店) US$90
Entertainment-Plus社 US$47
Travel Yucatan社 US$72
Viator社 US$64.99

カンクンのような観光地では、多くの旅行会社が競合し、時にはキャンペーン価格でも提供されています。

日系のHISなどでは、やはり日本人価格なので、割高です。どうしても日本の会社がいい・・・という方でなければ、現地の会社のほうが断然安いです。

私自身は、HISの現地ツアーで失敗した経験があるので(笑)、絶対に日系の会社は安心とは言い切れないような気もしますね。

※「現地ツアーってどんなの?」記事内の、「郊外への遺跡ガイドツアーは気をつけろ!」に失敗談を記載しています。

基本は英語

現地会社ツアーの場合、ガイドは確かに英語になってしまいますが、せっかくの個人旅行、英語を勉強する機会にもなりますし、外国語で理解できたことが旅に充実感を与えてくれます。

私がこれまで参加した現地ツアーでは意外と?日本人の参加者は少なく、外国語が飛び交う空間に一人、「自分は外国を旅しているなぁ」と感慨深くも思うものです(笑)。

ただし、本当に英語はさっぱりわからない、という方には、せっかくの説明が英語では理解できませんから、多少高くても、日本語のツアーに参加したほうがよいかと思います。