パッキングの達人~30Lバックパック編~

スポンサーリンク

30Lバックパックに入れたもの登山用に30Lのバックパックを購入しました。

旅行にも良さそうだと思い、先日の国内旅行の時に使ってみたレポートです。

結果、1週間程度なら余裕で行けそうなくらい、荷物が入りました!

そんなわけで、30Lのバックパックの私のパッキング方法を記録。

バックパックのスペック

30L ミレーのバックパック

メーカー Millet(ミレー)
容量 30L
収納部屋数 2気室(ジッパーで1気室にもなる)

Millet(ミレー)は、登山グッズでは有名なフランスのメーカーです。

登山メーカーのバックパックは、機能が充実してますね。

このMillet Saas Fee 30Lは、ジッパー付きのポケットが両脇・トップの外・内側に付いているタイプ。

下部1/3のところにあるジッパーで、部屋が分かれているタイプのバックパックです。

バックパックの本体は巾着風に紐でしぼませることが出来ます。

内容量によってバックパック自体の大きさが、ある程度フレキシブルに変えられるところがGOOD。

バックパック パッキングの基本は100円均一の不織布BOX!

30Lバックパックで一人旅このバックパックの2気室の上の層には、

  • 着替え3日分
  • バスタオル

のみです。

バックパックによっては、1気室のものもあると思います。

が、私のパッキングは、どのバックパックでも基本は100円均一の不織布収納BOX

出し入れが楽な上、中身の管理もしやすく、荷物も小さくまとめられます。

こちらのMillet Saas Fee 30Lのバックパックには、「VHS用」の不織布BOXが、2気室の上の層の部屋にぴったりでした。

不織布BOXには、服・寝間着・靴下など、着替えのもの全般とタオル1枚を入れています。写真はこれで3日分です。

1週間なら、日中用のパンツ(ジーンズ)は履いていくもののみです。

ジーンズの洗濯が必要であれば、寝間着の間にユースホステルで洗濯・乾燥させてしまえばOK。

洗濯のタイミングは3日~4日に1回程度と考えれば、1週間以上の旅行でも充分対応可能でした。

バックパック その他の荷物のパッキング

30Lバックパックに入れたもの2気室の下の層に入れているもの

  • 洗面用具(無印の吊して使える洗面用具ケース、化粧品も収納)
  • 日中用のかばん(リュック)
  • 折畳み傘・移動中に読む本など

日中用のサブバッグ(エーグルのワンショルダー)が、思いの外かさ張って仕方なかったです。

私の場合は昼食も自炊(おにぎり・みかんorバナナ・お茶)で持参で、ある程度の大きさが必要だったので止む無しとしました。

トートバックなどにすれば小さくしやすいですし、傘も小さいものにすれば重さもかさも減ります。

また、そもそも移動中に読もうと思っていた本は、一切読みませんでした。

バックパック パッキングのまとめ

やはり、旅行のパッキングの極意は「いかに荷物を減らすか」にあると思います。

必要になるものがあったら行き先で買えばいい、くらいがちょうどいいのです。

ヒマラヤの山奥に行くのならまだしも、経済活動がある場所であれば、どの国でも物は揃っています。

カリマー リッジ 30 タイプ2

  • サイズ:縦62×横32×マチ28cm
  • バックレングス:47cm

海外に行く先で、必要なものを調達するというのも、楽しいものです。

30Lあれば、富士登山にもちょうどいいですし、1週間程度のバックパッキング旅行にちょうどいいと思います。

ちなみに、2週間程度のバックパッキング旅行の場合、40Lで何とかなっています。

バックパック パッキング その他の参考HP