イスラム教徒の男性のボディタッチに注意

スポンサーリンク

アラビア語の看板

中東を初めて旅して気付いたこと、それは「イスラム教男性たちの激しいボディタッチ」です。

もちろん全員がそうではないですが、ヒジャブを被らないイスラム教徒じゃない女性には、多くのイスラム圏男性たちがボディタッチを試みてきます。

日本人など、断るのが下手な人種は格好の的とあちらも知っています。

アッラーは他宗教の女性については禁止していない??

どこかで聞いた話によれば、イスラム教の女性には絶対に触れられないけれど、そうじゃない外国人の女性には触っても問題がないと思っているとかなんとか・・・。

そんなことをして折角来た観光客が受ける印象を下げるのは彼らなのに、しかしモラルなんて言葉はそこにはありません。

場所はレストランやお土産屋、タクシーなど、ほぼ全ての場所でです。

しっかり断るべし!!

最初は肩、腕などで様子を見て、断られないと足、顔・・・とエスカレートしていきます。

そうです、「沈黙は同意」なのです。女性の皆さん、ハッキリと「触らないで」と断りましょう。

私の場合も、サンドイッチのテイクアウトをお願いした小さなレストランで、店員にやられました。最初は「外国ではあるボディタッチか?」と思っていましたが、あまりにエスカレートしてくるのでさすがに「あんた触りすぎ!」と言ったら「Sorry」と言って止めました。言わなければ次は胸まで来ただろう・・・と思うほど触りまくってきました。

実際、断れば向こうもそこまで深追いしてはこないという印象を受けました。

ただ相手は男性です。すぐに逃げられるような場所なら、「友達が待ってるから」とか「バスの時間に遅れるから」と言って立ち去るのも手だと思います。タクシーの場合は、一人なら助手席ではなく後ろの席に乗ったほうがいいですね。モロッコのタクシーで助手席に座ったら、触られまくったという友人もいました。

アラブ圏にはなるべく男性と

一人でいると、セクハラをされる可能性は高くなるかと思われます。

私もやられたときは一人でした。中東やマグレブ(モロッコやアルジェリアなどアフリカのアラブ圏)には複数の人数で、しかも出来れば男性や現地在住の人などと一緒に行動するほうがいい、というのが私の中の結論です。

毅然とした態度で、楽しく旅行を続けられるようにしましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

*

このページの先頭へ